エコキュート基礎工事|福岡県糸島市南風台K様邸

本日、K様宅のエコキュート「基礎ベース工事」を行いました。

弊社では、簡易基礎ベースを一切使用しません。

(※もちろん、簡易基礎はメーカーさんの方で、耐震性や強度などのテストをクリアしている商品ですので、あしからず。)

エコキュートの貯湯タンクは満水時は460Lで500kg以上、370Lでも400kg以上の重量物であり、基礎コンクリート(セメント・砂・砕石を混合したもの)のしっかりとした土台でないと、地震による転倒や地盤沈下等の倒れ(傾き)などで危険だからです。もちろん、少し傾いただけでも配管接続部に負担がかかり、漏れの原因にもつながる為です。

ec-taoreteru.jpg

↑ 【悪い工事例】 完全にタンクが傾いています。水やお湯が漏っていないのでしょうか?(基礎工事の不良ですね。)

kiso-hiraita.jpg

↑ 【悪い工事例】 こちらが、コンクリートの平板の上に置いただけの基礎??です。(側溝などのフタなどに使う数百円の材料です。)

悲しいことに私の親戚宅で、訪問販売業者にやられた工事です・・当然、配管も酷いもので、すでに当社にて2回漏水修理の工事を対応しています。しかも太陽光発電まで・・・

ご存知のように、オール電化や太陽光発電は訪問販売、ネット業者、量販店などあらゆる異業種からの参入が相次ぎ、過度の競争の末に、

商品代は定価の割引率などで比較し易いため、材料や手間を省くことで工事原価をギリギリまで切り詰める」工事が横行しています。

それでは、エコキュート用の簡易基礎の様に「設置当日に施工完了」する工事と違って、強度を確保した「現場打ち鉄筋コンクリート基礎」いかに材料と手間がかかるかをご覧頂き、これからオール電化をご検討されるお客様にとって「正しい施工方法」や「適正な見積り」、「信頼できる施工業者」のご判断材料にされることを切に願います。

rimg0030.JPG

↑ 数日前に逃がし弁用の排水と、HP用のドレン排水配管を先行して施工しました。(このように排水管を露出させない場合には、事前工事が必要になります。)

ksama-kiso-7.JPG

↑ 木枠を組み、バラスを敷きます。今回は貯湯タンク部+HPユニット(室外機)部も基礎をつくることにしましたので、大きさ的には2倍になります。

ksama-kiso-12.JPG

↑ 次に専用の工具で地面を「転圧」します(ここでしっかりと地盤を締め固めることが大切になります。)

ksama-kiso-13.JPG

↑ 住宅の基礎部分に「差し筋アンカー」を入れるための穴を開けます。約30cm間隔でアンカーを打ちこみます。

住宅の基礎と一体化することで強度が増し、基礎と土台の間が開いて来ない様にすることが目的です。

ksama-kiso-15.JPG

↑ 差し筋アンカーの上には「ワイヤーメッシュ」を入れます。(細い針金の格子状のもの)

これは、コンクリートが固まる際に「ひび割れ」を防ぐための施工です。

ksama-kiso-19.JPG

↑ ここまでの工程が枠入れ~鉄筋工事となります。

ksama-kiso-33.JPG

↑ 次は現場で生コンクリートをつくります

ksama-kiso-36.JPG

↑ 道路でセメント・砂・バラスをミキサーで混合して「コンクリート」を作っています。ちなみに、セメントと砂を混ぜただけのものを「モルタル」と呼びますが、砕石が入らないので強度はありません。外壁や土間タイルなどの「仕上げ」に使う材料なのですが、仕上がってしまうと「コンクリート」なのか「モルタル」なのかは、壊すまでは誰もわかりません。

バケツと砂とセメントで施工できる「モルタル」で作った基礎と、左官工が現場でミキサーでつくった「生コンクリート」の違いがお解りいただけたでしょうか?

ksama-kiso-37.JPG

↑ 階段部分はバケツで運び、通路は一輪車で生コンを搬入します。(もちろんめちゃくちゃ重たいです)

ksama-kiso-43.JPG

↑ 厚さは15cmでコンクリートを打ちます

ksama-kiso-39.JPG

↑ 私はここで引き上げたので今日の写真はここまで。左官工は、朝8:30から施工して、午後15:00に完了、さらに数時間置いて天場を仕上げに行きます。(M左官、お疲れ様でした。)

ちなみに現場打ちコンクリートに使用した材料は砂6袋、砕石8袋、セメント3袋、手間は1日がかりです。だからこそ、簡易基礎ベースなどとは数倍も違う強度を保てます。

ここまで語ってしまうと、さも当社の施工が素晴らしいように聞こえてしまうのですが、本当はこれが普通の「温水器用の基礎土台の施工方法」なのです。実際に九州電力との販売店会議でも「基礎の施工要領」という書類にもきちんと上記のような施工をしなさい!となっていたのを忘れません。(西方沖の地震以降は特に厳しくなりました。)

現場の施工だけでなく、営業でも事務処理でも、当たり前のことを、当たり前以上に取り組む=「凡事徹底」に徹して行きたいと思います。