床暖房のリフォーム|春日市紅葉が丘東O様邸

以前から、いろいろな工事でお世話になっております、春日市紅葉が丘のO様邸です。

窓の断熱改修などはされていますが、冬場のリビングが寒い!とのことで、「温水式の床暖房」をオススメさせて頂きました。

もちろん、お湯をつくる熱源は、ガスでも灯油でもなく、「空気」です!

えっ!空気?

そう、ヒートポンプ式の床暖房の熱源機なら、「大気中の熱」を回収して、水をお湯に変えることができます。

簡単な話し、エアコンの暖房と同じ。エコキュートでお湯ができるのも同じ仕組みです。

ただ、その室外機を運転するのに、少しばかりの電気代は必要ですが、ガス式の温水床暖房に比べて62%も省エネ!

今現在、ガス式の温水床暖房をお使いのお客様は、お外の熱源機の取替えだけでも可能となります。

img_7137

こちらは、工事前のリビングのフローリング材です。

img_8007床下にはきちんと断熱材が入っていますが、冬場の床下の底冷えにより、フローリングは冷たいもんです・・

DSC_1299

床のフローリングや、下地まですべて解体して、床組みの工事をしました。

DSC_1302

DSC_1302

断熱材を入れて、床の下地を張って、いよいよ床暖房の敷設です。

今回は、床の高さを現状に揃えるため、「温水配管一体型の床仕上げ材」を採用。

img_8008つまり、フローリングの中に、予め「温水配管」が仕込んであります。(こんな感じです。)

DSC_1319

DSC_1319

ただのフローリングではありませんので、いつもよりも慎重に床材を張っております・・

DSC_1321

DSC_1321

DSC_1332

DSC_1332

張り終えたフローリングには養生をして、絶対に傷をつけないように・・

DSC_1361

DSC_1361

完成! 今回は、フローリングの張り方向も長手方向に張替えました。

2016-11-05-043-480x640

これが、温水をつくる熱源機。エアコンの室外機の上に、温水のタンクがついてるイメージですね。

%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b801

写真は、イメージですが、こんな感じで床暖房が入っています。

この冬に備えて、エコテックスがオススメするのは、ヒートポンプ式の温水床暖房です。

暖房設備としては、一番オススメできますので、オール電化住宅にお住まいの方は、ぜひご検討ください!