水まわりのリフォームの着工。

小郡市希みが丘にてリフォーム工事に着工しました。

リフォームでは、解体作業や造作工事などで工事をしない箇所に傷をつけたり、埃や粉じんが飛散しないようにするための「養生作業」がとても大切です。

リフォームの規模にもよりますが、職人さんが初日からテキパキと工事にかかれるよう、事前に養生作業を行ないます。

工事前はこんな感じです。家具や荷物をお客様のご協力のもと、移動して養生します。

床の養生はもちろんですが、解体時の埃や粉じんが施工範囲外に飛散しないようにプラ段バリアーをします。これ作るのに結構な時間がかかりますが(笑)

反対側から見ると、こんな感じ。

本日は和嶋大工が、スクリーンウォール(開閉壁)の建具枠を取付けしました。

壁に張ってあったタイルも全て撤去して、組立工事の担当者と打合せを済ませました。

某ハウスメーカー様の住宅の軽量鉄骨造ですので、施工においては何かと難易度が高いのですが、そこは入念な現場調査と経験でクリアーします。

バスルームも空っぽになり、新しいバスルームのための給排水の工事を施工しました。

早々と洗面化粧台も撤去させて頂いたので、「仮設シンク」で一応、お水が使えるようにさせて頂いています。

明日はバスルームの組立工事に入ります。