買っても、売っても、30円。

だいぶん涼しくなってきました!

昨日、一昨日で、東区香椎のK様邸の太陽光発電の工事でした。

今年度(H29年度)の住宅用の太陽光発電の固定買取の単価は、30円/kwhです。

オール電化住宅(季時別電灯契約)の場合、お昼間の電気料金は約30円です。

つまり、電力を買っても、売っても、30円の時代です。だから、売電目的てやはなく、自宅でタダで使う“自家消費”をすることで、電気料金を下げよう!

というお客様が増えてきました。

それでも、@30円での買取りですから、まだまだ売電のメリットも小さくはありません。4.0〜5.5KWの太陽光発電なら、売電だけでも約10万円〜16万円程度にはなりますからね。プラス、自家消費で電気代が3〜4万円は安くなるので、合計すると、約14〜20万円のメリットが出ます。

固定買取期間は、10年間続くので、140〜200万円。

しかも、数年前と比べてシステム価格がかなり安くなったことで、以前と変わらず約10年間で償却できます。

さて、最近は、設備認定(事業認定)の認定が降りてくるのに約2ヶ月程度かかってますので、ご契約から、大変お待たせいたしました。

屋根の勾配がきついので、足場を掛けました。

施工品質と職人の安全対策でもあります。

スレート(コロニアル)の屋根へ4面設置となります。

屋根形状に、ぴったりとパネルが収まってます。

寄棟の屋根に4面設置となりましたが、綺麗にレイアウトできました♪シャープの太陽光発電、太陽電池容量は4.90KWです。

Kさま、大変お待たせしたしたが、いよいよ連係→発電開始→10年間の固定買取のスタートです。楽しみですね!