月別アーカイブ: 2017年10月

『ショウルームみたいなトイレに・・・』【トイレ編】

バスルーム、洗面所に続けて、「ショウルームみたいに・・」シリーズのトイレのリフォームです。

もともと、広いといれには人造大理石の手洗いカウンターが・・

工事前(ビフォ→)はこんな感じでした。

工事後(アフター)はこんな感じに仕上がりました。

床の石タイルは高級なものでしたので、新しく張替えたりすることはせずに、古くなった設備機器と内装の壁・天井などをリフォームさせて頂きました。

基本的には、現状(工事前)に良い材料などが使用してある場合は、大切にしてリフォームすることをおすすめしています。

ミラーの下部には「間接照明」が仕込んであり、トイレの部屋の照明と同じ系統に配線のスイッチをかけました。その理由は、こういった間接照明(建築化照明)は、来客用などの演出のための扱いをされることが多く、普段はなかなか点けることが少なくなるため、トイレの天井のLEDダウンライトを25Wの照度の小さいものにし、常にミラーの間接照明と一緒に点くことで、毎日の生活でも実用性があるように工夫しました。

シンプルなホワイト色のカウンターには、スッキリした自動水栓を取付。

トイレのカウンターの便器横には引出しの収納があり、ペーパーのストックなどたくさん収納できます。

シンプルで、シックなトイレルームが完成しました~♪

『ショウルームみたいな洗面ルームに・・・』【洗面所編】

つづけて、前回のショウルームみたいに・・・シリーズの『洗面脱衣室』のリフォームです。

もちろん、コンクリートパネル造の住宅ですので、ご要望を叶えるためにありとあらゆる難題が立ちはだかりましたが、こちらも設計通りにリフォームできました!

ありがとう、職人の皆さん!

工事前(ビフォ→)

工事後(アフター)です。

 

工事前(ビフォ→)

大きなシステム洗面化粧台と、ドラム式の洗濯機置き場が、なんと人工大理石のカウンターでつながっている特注品でした。

工事後(アフター)ショウルームみたいな洗面脱衣室になりましたでしょうか!?

洗面化粧台の前には、「整理タンス」が置かれており、この家具がある以上、ショウルームみたいにはならないので・・・

唯一の造作壁(コンクリート壁ではない)を抜いて、廊下側へ拡張して「壁面収納」を造作するプランとしました。

廊下との洗面所の間仕切り壁は、一旦解体され、洗面所側の収納部分へ改修しているところです。

約20cm程度ですが、廊下側に拡張したことで・・

「整理タンス」に代わる、「壁面収納」が完成しました~建具は3枚連動引き戸ですので・・

左右どちらから開けても、大きな開口で出し入れ楽々で、もともとは、ただの「壁」が、高さのある大きな収納部に生まれ変わりました~

システム洗面ドレッシングも167cm幅の大きなカウンターで・・

ミラーの上下には、間接照明を仕込みました。間接照明だけ点けると、こんな感じ♪

洗面化粧台側の壁面には、余すことなく石調のタイルを張りました。これも、お施主様がショウルームで一目で気に入られたタイルと全く同じものを採用頂きました。

工事前の洗濯機の給排水は、床から露出配管で立ち上がっており、掃除もできない・・という奥様のご不満がありましたので・・

造作して、配管スペースの中に配管やコンセントを。洗濯パンも新設しましたが、これ、かなり大変な施工となりましたが、設計通りに施工できて本当にうれしかった箇所です♪

タッチレス水栓ですので、ご家族であってもインフルエンザやノロウィルスなどの菌の感染予防にも一役買いそうです。

とどめに、天井の照明には、ライティングレール+LEDスポットで、さらにショウルーム感を演出♪

最高級グレードのシステムバスルームに負けない、洗面ルームが完成しました!

 

『ショウルームみたいにリフォームを!?』【浴室編】

ご紹介にて水まわりの大改造リフォームをご依頼頂きました、西区のT様邸。

パナソニックのショウルームを見学に行かれた際に、お気に入りのバスルームと洗面化粧台をご覧になられて、『わが家のバスルームを、ショウルームにリフォームして欲しい・・・」というシンプルなご要望でした。

工事前の在来工法のバスルームは、とても広く、24Hふろ、ジェットバス、浴室乾燥暖房機など豪華な装備が採用されていました。この在来工法のバスルームをリフォームするにあたって問題となった点はいくつもありました。

まずは、ハウスメーカーさんが、大成建設ハウジングさんのパルコンでしたので、浴室の床・壁・天井のすべてが「コンクリートパネル」であること。

坪庭を望む「出窓」が低すぎてシステムバスルームがまともに納まらず設置できないこと…

他にもたくさんの難題を、綿密な施工計画と、職人たちの経験と技術でクリアーすることができました・・・

ついに、超ゴージャスなシステムバスルームが完成♪

浴室乾燥暖房機は、もちろんです。しかも、「ナノイー搭載」でカビシャット!

ヒノキ柄の天井にはフラットパネルLED照明。調光・調色が出来て、まるで天窓のようです。

浴槽には、オイルヴェール美泡湯!

ダブルカウンター照明でリラックスした雰囲気に・・・浴室テレビは大画面の16Vです!

ショウルームみたいなバスルーム、完成です!

『幸福の黄色いキッチン』

ご紹介にて工事させて頂きました、早良区のM様邸です。

今回のリフォームは、ご高齢のご夫婦が営まれていた、クリーニング店の1階の店舗部分です。

ご商売をされていたので、店舗兼住居には1階にキッチンとトイレが。

お風呂・洗面所や居間、寝室は全て2階での生活を余儀なくされていました。

そこで今回のリフォームは「2階から1階に全ての居住スペースを移す。」というご依頼内容です。

こちらが工事前の1階の店舗部分です。

店舗スペースの奥には・・

4畳半の台所にある古い流し台と・・

ドアの目の前に便器がある⁉︎  とても狭いトイレがありました。

 

リフォーム計画は、北側に水まわりを、リビング兼寝室を中央へ配置して、玄関側に応接スペースを確保することに…

いよいよ大改造リフォームの着工!

まずは、内部のほとんどを解体→解体→解体して・・

着工から、約3週間、大工による造作木工事がつづきました・・

もともと台所だった場所は、浴室(システムバスルーム)へ改修。

2階にあったお風呂は、浴槽のまたぎが高い、小さな浴槽でしたが・・・

1坪のシステムバスルームに!台所の出窓が、バスルームの出窓へ変身しました~♪

浴室暖房や手すりもついて、片引き戸を採用の、バリアフリーのお風呂にリフォーム。

元々、洗面所は2階にしかなく、お湯も瞬間湯沸かし器だったようです・・

洗面所も1坪のスペースを確保して洗面化粧台と洗濯機スペースへ改修。

洗面化粧台は、TOTOの『座ってラクラクシリーズ』を採用。

座ってゆったり使え、足元がひろびろなので、車いすでの使用でもラクラクです!

勝手口の上にあったランマ(小窓)は洗濯機上部の窓に再利用して採光性を確保。

階段下にあったトイレも狭かったので、車いすでの生活もできるように・・・

1坪のスペースを確保。洗濯流しも設置、換気扇も新設。

バリアフリーといっても、いかにも介護リフォームみたいにならないように、お洒落なトイレ空間になるように配慮しました。

浴室・洗面所・トイレの広さを全て1坪(2畳)スペースとし、開口部(引き戸)でつながげることで、看護や介護にも対応できるようにしています。

この間取りへ変更するために、柱を撤去したり移設したり、梁の補強などを行う大改修となりましたが、そのおかげで、理想的な水まわりのスペースが完成しました。

工事前、廃業された店舗部分だったスペースは、LDK兼寝室へリフォーム。

こんなに広々したLDKへと生まれ変わりました~!

工事前、店舗の入り口側を望むとこんな感じでしたが・・

小さなかわいい黄色の対面キッチンとリビングにリフォーム!

この間仕切り壁には絶対に取れない柱が2本ありましたので、クローゼットと収納棚へ造作することに。

こんな感じ造作…収納棚の背面壁だけアクセントのクロスを張りました。

元々は、店舗の出入口と接客スペースだった場所は・・

玄関と、応接スペースへリフォーム。

床までの高さがかなりあるので、内玄関に階段と手すりを設置しました。

下駄箱とクロゼット(収納)を設けました。

玄関ドアを開けると、こういう感じになります。暗くならないよう、採光性を確保できるようにしました。

工事前の外観は、店舗の雰囲気が残っていましたのが…玄関ドア取り替えや、塗装によって、住宅っぽさを出すことが出来ました。大きなFIX窓にはフィルムを貼ったりと、なるべく予算を掛けないように計画しました。

今回のリフォームは、ご高齢のご夫婦の長年の夢であり、老後の毎日の生活を安全に快適に暮らせるように…ということがテーマでした。

お打合せの段階からリフォームプランや建材、内装の色柄などはほとんどオマカセだったのですが、奥さまから『キッチンは、この黄色にして欲しい…』と、ただ1点だけ、変更を行いました。

それはきっと、長年連れ添ったご夫婦がリフォーム後のご自宅で、仲良く、楽しく、お元気で暮らせる、『幸福の黄色いキッチン』となることでしょう…

手前味噌ですが…

今日から、西区の水まわり大改造リフォーム工事を着工。

もの凄い大豪邸の手強い施工ばかりですから、気合い十分です!

メインは、浴室・洗面所のリフォームなのですが、大成建設さんのパルコンなので、床・壁・天井の全てがコンクリートパネルですから大変!

リフォーム工事では、一番難儀なシリーズです。

浴室の天井も、こんな感じにコンクリート。

解体する前に、図面などを頼りに想定していますが、やっぱりドキドキです…

洗面所の壁も、廊下側以外は全てコンクリートパネルの壁…

配線やら、新しいスイッチはどうするの⁉︎

そこは、当社の企業秘密なので、教えられません(笑)

事務所に戻り、月曜日にお引渡し予定のお客様宅の残工事のクロス貼りへ。

道路沿いの窓ガラスに、フィルムも貼ってくれました。

高校の同級生の迎田くんが、夜の11時まで頑張ってくれている姿を見学しながら、人のつながりの大切さを身に沁みて感じました…

創業時から14年間、内装工事の業者は彼だけでやってこれたのも、こういう場面で気付かされます。

手前味噌ですが、本当にうちの職人たちは凄いやつらばっかりですゾ!