月別アーカイブ: 2017年11月

門塀(もんぺい)のリフォーム

『門塀』とは、門の周りにある壁のことで、一般的門扉や表札、ドアホン、ポストを取り付けたりします。

さて、こちらのお客様宅の『門塀』ですが、ちょうど塀の真ん中あたりの高さのところに、ブロックのクラック(ひび割れ)から水が出て来ており、塗膜が膨れて剥離を起こしていました。実は数年前にハウスメーカーさんで塗装を塗り替えたということでしたが、また同じ症状が発生。

塗装では何度塗っても、イタチごっこです…この手の外構回りの塗装では、『あるある』の塗装の不具合です!

そこで、外装用のタイルを貼るリフォームをご提案させて頂きました。

LIXILの細割ボーダーという外装タイルを貼ることに…

高圧洗浄→表札や門灯の撤去→下地処理を行って…

上からこんな感じでタイルを貼っていきます。

お〜何もない壁面は、貼るのも早いですね。

コーナーや、端などは、細かくタイルを切断して、一枚ずつ貼っていく、とても大変な作業です。

既存の門扉のヒンジの回り、感動的な仕上がりです(涙)

石垣との間の部分は、下の方が細〜くなってましたが、

左官工の職人魂を感じる仕上がりです!

ビフォ→

アフター、完成!

ビフォ→

アフター

贅沢に、裏面も全てタイルを貼り、陶笠木も…

ドアホンやポスト回りも、綺麗に仕上がりました〜♬

表札灯も交換して、夜のライトアップが楽しみになって来たので、遅くまでコーキングなどの作業をして日が暮れるのを待ち…

おー!いい感じです。

とても重厚感が出て、高級な雰囲気の門塀のリフォームが完成しました。

Tさま、度々の工事のご依頼を頂き、本当にありがとうございました😊

マンション・リフォームが完成!|福岡市中央区舞鶴Hさま邸

当社のホームページからお問合せ頂き、工事をご依頼頂きました、福岡市中央区舞鶴のH様邸のマンション・リフォーム工事の現場です。

築35年経つマンションの専有部分は設備機器が老朽化しており、水まわりのリフォームとあわせて、既存の床材へ「直貼りフローリング」を張るなどのご提案をさせて頂きました。

まずは、キッチン。工事前はこんな感じでした。285cmもある大きなセパレートのキッチンでした。

解体すると、想定通りの換気ダクトや給排水の配管が出てきました。

真っ白な、清潔感のある、システムキッチンが完成!

全て、スライド(引き出し)なので、収納力もアップ!間口285cmのキッチン、広いですね~!

個人的には一番のオススメのコンロ、Panasonicの「トリプルIH」。

10年間そうじ要らずの、Panasonic「ほっとクリーンフード」。IHと連動してますので、入切のスイッチを押すことはありません。

ユニットバスは、11×16サイズでしたが・・

入念な現地調査を行ない、13×16サイズへ拡ろげることができました!

短辺(浴槽側)がなんと、20cmも拡げることができました。浴槽側が広がるマンションのバスルームのリフォームは、満足度は◎ですね。

工事前の洗面所はこんな感じでしたが・・

こんなに明るい洗面脱衣室になりました♪

洗面化粧台は、TOTOのオクターブで、幅は1mもあります♪

洗面所の出入り口は、開き戸から、「アウトセット片引き戸」へ変更!

バスルームの敷居も、バリアフリーとまではいきませんでしたが、床ギリギリまで下げることに成功。

トイレの壁の一面はアクセントでクロスを張り分けされました。爽やかですね~♪

工事前の、和室。

畳を新調して、壁のクロスやフスマを張替えて、 結露がひどかった窓には内窓(障子調)を取付させて頂きました。

LDKや玄関ホールは、直貼りフローリング(メープル柄)を張らせて頂き、ガラッと明るくなりました。

Hさま、工事中の仮住まいでの生活や、工事前のお荷物の件など、大変だったかと思います。

おかげさまで、計画通りにリフォーム工事を仕上げることが出来ました。

ホームページで当社を見つけて、選んでいただき、本当にありがとうございました。

今度共、末永いご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

出窓が低すぎる、バスルーム!?|福岡市西区横浜Iさま邸

福岡市西区横浜のお得意様、Iさま邸のリフォーム現場です。

リフォームのきっかけは、洗い場の排水不良でお外に排水が漏れていたことでした。

色々とお打合せを重ねた結果、システムバスルームへの改修工事と合わせて、排水配管の復旧工事も行うことに。

在来工法のタイル張りのお風呂場です。20年以上経っていますので、木部の水腐れが心配されます・・

システムバスルームの場合、洗面所とお風呂場のこの段差が無くなり、バリアフリーになりますので、逆に言うと、お風呂場の床が上がります。こちらの現場の場合ですと、約17cmも床があがり、浴槽も今までよりも高くなります…

そうなると、新しいバスルームの浴槽が赤いラインまで上がり、浴槽横の壁パネルも最低、青いラインくらいまでは必要となります。

そうなると、こういった現場の場合は、「窓サッシの交換」という工事が発生します。

出窓解体・処分>大工下地木工事>アルミサッシ>左官モルタル工事>塗装工事と、5工種も入っての工事になりますので、約15万円前後の予算アップとなります。

しか~し! エコテックスでは独自の「窓台かさ上げ工法」をつかって、既存の窓をそのままに、バスルームを施工することが可能となります。

それでは、工事開始!

まずは、浴室の解体工事。1坪の浴室の場合、2t車でも載り切れないほどの廃棄物がでます。

解体してみたら、シャワー水栓の配管から壁の中で漏っていました。

やっぱり、在来工法のお風呂は「水漏れ→木部の水腐れ→シロアリ・・・」が怖いですね。

部屋内側の土台も水腐れしてました・・

ベタ基礎だったので、洗い場の砂利にはこんなにお水が溜まっていました・・

在来工法の浴室から、ユニットバスへのリフォームの際には、床下からメンテナンスが出来るように、スリーブ(人通口)を開けます。せっかく、ユニットバスにして初めて床下に空間が出来て、給排水のメンテナンスが可能になるにもかかわらず、スリーブ(人通口)を開けない手抜きをする業者もいますのでご注意ください。

給排水も新しい配管に取り替えて、いよいよバスルームの組立です。

 

システムバスルームの完成!TOTOで一番人気の壁柄「クレアライトグレー」を4面にご採用。

床のダークグレー(石目調)が空間を引き締めています。

窓をさわらずに、こんな感じで施工できました!

浴槽は、ゆりかご形状の「クレイドル浴槽」をご採用。

洗面所とお風呂場との段差も無くなり、バリアフリーになりました!

I様、この度も大変お世話になりました。

暖かいバスルームがこの時期にリフォームでき、計画通りに施工でき安心しました。

また、よろしくお願い致します!

 

秋のエコ・リフォーム現場。

久しぶりのブログです。

8月〜9月、にたくさんのご契約を頂き、エコテックスの秋のリフォーム現場は大忙し!

 

博多区のマンションのリノベーションの工事は約1カ月の大改修…

筑紫野市美しが丘では、弊社のお家芸的な、オール電化工事を…

糸島市では、住宅に10KW超えの太陽光発電システムの工事を…

早良区田村では、内窓のリフォームを。

防音対策+断熱効果が、素晴らしい!

西区横浜では、お風呂のリフォーム工事に…

たくさんのお仕事を頂き、おかげさまで現場は大忙しです!

工事関係者、頑張るぞ〜!