月別アーカイブ: 2019年1月

年に一度のイベント開催!

毎年、エコテックスが参加しております、年に一度の『住まいの大商談会』が、

今年も西区今宿の西部ガス総合研究所で開催されます!

🔲  開催日:2/23(土)・24日(日)

🔲  場所:西部ガス総合研究所/福岡市西区今宿青木421番地4

🔲  お問合せ先:株式会社エコテックス

📞: 0120-060-456  ✉️メール:info@ecotex.jp

⚠️ご来場の際は、下記のチラシをご提示ください。

チラシ以外にも、当社からのプレゼントもご用意しておりますので、

ご自宅のリフォーム、増改築をご検討の方、

中古物件のリノベーションなどをご検討の方、

ぜひぜひ、ご来場ください!

屋根に空いた穴のつづき

昨日は、新築の屋根に空けた穴を使って、太陽光発電の工事です。

しかし、広い屋根なんで、太陽光発電を設置してもガラガラにスペースが…

墨出しをして、屋根へ金具を取り付けて…

金具にフレーム(架台)を取付けて…

先日空けた屋根の上の穴に…

太陽光発電のケーブル(アレイ線)を先日空けた穴(配線カバー)の中に入れて屋根の裏へ配線します。

穴を埋める為の『穴埋めパテ』は超大盛りで施工しました(笑)

カナディアン・ソーラー 260Wを27枚で、7.02KWの太陽電池容量、パワーコンディショナは5.50KWでの過積載気味のシステム構成です。

ただし、売電目的ではなく、児童福祉施設の『自家消費』を目的として計画してあります。

たくさんの光を浴びて、たくさんの電気と笑顔をつくります!

新築の屋根に穴が!

おかげさまで、新年早々から各現場で新築、リフォーム、増改築、外壁塗装、外構リフォームなど、大忙しの毎日でございます!

さて、新築中の現場に来てみたのですが、

屋根の上に、丸い印が付けられ…

何と、直径、約5cmくらいの穴を開けてるではないですか!

新築の葺いたばっかりの屋根に!

ん? なんか黒いプレートらしきものが取付けられ…

鋳物のカバーが取付けられました!

実は、太陽光発電のケーブルが屋根の上ではなく、パネルの下から屋根裏へ直接配線するための『配線カバー』でした〜♪

普通は、既築の屋根などにはこうやって太陽光発電のケーブルが露出して軒天井などから宅内に配線するのですが…

『配線カバー』を使えば、太陽光発電のケーブルをモジュール(パネル)の下から屋根裏へ隠蔽配線でき、屋根上に配管が露出することなく、仕上がり良く設置可能です。

今回は、スレート(コロニアル)用ですが、瓦にも対応した『配線瓦』もあります。

↗︎これが、配線瓦。

今週末には、新築の大きな屋根に、27枚の太陽光パネルを設置しますので、配線工事の様子をご紹介できると思います。