娘さんの想いが詰まったバスルーム。

お得意様のご実家のご両親のための、浴室リフォーム工事です。

今回は、介護保険の住宅改修の助成制度も利用しました。

さて、ずいぶん昔にリフォームされたというユニットバスは、出入口に段差があり、手すりもなく、とても寒そうなバスルームでした。

入念な現地調査の結果、1616サイズ→1717サイズに広げる計画としました。

まずはユニットバスを解体し、配管や配線を移設します(解体後ですが、掃除バッチリですね👌)

既存の浴室の窓があまりにも低い位置に取付けされてましたので、新しいバスルームに合わせて取り替えます。

窓は、ペアガラスの複合サッシなんで、外観はブロンズ色で、内観はホワイト色♪

工事前の低かった窓サッシも…

工事後は、こんな感じで外部は仕上がります。

浴室内部の外部に面した壁には、ちやんと、ちやんとの断熱材。

バスルームの組み立ては、エコテックスが指名するエースのY君。

お風呂のリフォームが完成!

もちろんバリアフリー、手すり、浴室暖房、窓サッシ交換…

お風呂は、暖かくなりますが、問題は洗面所のドアの上に、下がり壁が無いので、洗面所(トイレ)がとても寒いということで…

既存の建具を解体し、ドア位置を移設して新しい建具を取付けて、下がり壁を作りました。

ご高齢になられたご両親のために思い立ったリフォーム。

実は、近くに住まれている娘さんの優しさと、愛情が、色々な想いが、たった1坪のお風呂にたくさん詰まっています…

わたしたちリフォーム屋は、そういったお客様の想いを形にするだけの仕事なのです。

これからもお客様に寄り添ったリフォームを一軒ずつですが、手掛けていきたいと思います。