和室を洋室へ改修|福岡市早良区N様邸

ご紹介にてご縁がありました、福岡市早良区のN様邸の現場です。

LDKと和室を間仕切っている壁を撤去して、和室を洋室へ改修。

孫たちが遊びに来た時にLDKだけだと手狭なので、LDKと和室をひとつの開放的なスペースにしたい!というご希望でした。

マンションなどではとても多いリフォームのご要望ですね。

要は、赤い破線の壁を撤去して、LDKと空間をつなげたい・・ということでしたが・・

初回の現地調査にて、取りたい壁の中には、大きな梁を支える大切な柱があり、取れない柱だということが判明しました。

ここに、取れない柱が隠れています・・

実は、「他の業者さんからは、解体してみないと、取れるか取れないかは、判らないですね」って言われたらしいです…

それって、まるでUFOキャッチャーみたいな話ですね(笑)

ということで、お客様のご要望ですが、

  • 取れない柱をどうやって対処して解放感を出すか?
  • 既存の床の間をご主人さまの書斎(デスクスペース)へ造作
  • 既存の押入れは、クロゼットへ改修
  • 2枚引き違い戸は、洋風の建具へ取替え
  • ランマ付きの和風の窓は、断熱改修を

などなど、たくさんのお打合せを重ねて、造作部分に関しては図面化してお客様へ承認を頂きます。建材などの商品ではないので、仕様や寸法や色などを予め細かく決めておきます。

床の間のスペースや押入れは、こんな風にしましょう。

撤去する壁と、取れなくて残存する柱は、こういう風な意匠へ造作しましょう・・という感じです。

工事の段取りが全て整ったところで、工事着工!

まずは、和室の解体です。大引きだけ残して、根太まで全て解体。丸い床柱(化粧柱)は角柱へ差替え。

例の「取れない柱」が姿を現しました。想定通りです・・

この現場は吉富大工が担当しました。

『技術力✖️スピード』は、エコテックスNO1の大工です。

床の間だったところは、デスクスペースへ造作。

取れない柱は棚板(飾り棚)を4枚入れて、「ラダー風」のデザインで柱を生かして造作。

造作後には、塗装を行なうためにペーパーを当てては掃除します。

塗装が済んだら、内装のビニルクロスの張替えが仕上げの工程となります。

<ビフォ➝> 和室だったお部屋が・・

<アフター> こんなに明るくて落ち着いた洋室へ改修できました。

<ビフォ➝> 問題になっていた取れない柱は・・

化粧柱として残して、ラダー式の飾り棚に造作しました。

壁は、天井まで目一杯、撤去できたので、解放感があります!

リビングと、ひとつの空間にしたいとうお施主様のご要望にそえました。

床の間だった場所は、ご主人様のためのデスクスペースと本棚を造作しました。

クロゼットの一部を本棚として利用しました。

クロゼットの扉は、「折れ戸」ではなく、「3枚連動引き戸」がおすすめ!

左右、どちらからも開けれて、2/3が開口になるので収納の出し入れが楽チン♪

折れ戸と違って、前にふとんや物があっても開閉の邪魔になりませんしね。

デスクの飾り棚の下には、LED照明が仕込んであります。クロゼットと建具と床の色は、PanasonicのVERITISシリーズでコーディネイトしてあります。

旧和室から見る、リビング側です。

N様、この度は大変お世話になりました。和室のリフォーム以外にも、窓の断熱改修(内窓の取付)や内装工事など、色々と工事させて頂き、ありがとうございました。

今後共、末永いご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。