外壁塗装工事 ~その1~|福岡市西区室見が丘T様邸

ご紹介にて工事に入らせてもらってます、福岡市西区室見が丘のT様邸です。

築15年目の初めての再塗装です。

 

まずは、高圧洗浄から。親方自ら、丸一日中、家丸ごと洗います!駐車場の土間から、道路沿いの擁壁まで洗っちゃいます!

 

さて、ご相談頂いた、きっかけは外壁のサイディングの剥がれ…これ、雨漏れによる外壁材の「爆裂」という現象なんです。

 

足場を掛けたあと、高圧洗浄すると、ここまで外壁材が壊れます。

残念な話しですが、ほとんどの『塗装専門店!』みたいな事を謳う業者は、この状態にならないように、そこだけは高圧で洗浄せずに『カチオンシーラー』などで表面を固めて、塗装することがほとんどです…

しかし、湿気を含んで爆裂したサイディング(外壁材)の上から何度塗装してもすぐに塗膜は剥がれてしまいます。

さて、爆裂している箇所を実際に外壁を大工に解体してもらうと…

 

雨漏れして、胴縁材が腐れています。

 

玄関先の外壁もこんな感じでしたので、解体してみると…

やっぱり、雨漏れで胴縁まで腐ってました…

見えるところに不具合が起きた時には、見えないところはもっと悪い状態なのは、人間の身体と一緒ですね。病気になってから掛かる治療費よりも、予防のために掛かるコストの方が、結果的には安く済むもんです。

外壁の部分的な張替えは、大工さんの技術と技能のおかげさまなところが大きい仕事です。

透湿防水シートや防水テープをやり替えて…

サイディング(外壁材)を張替えました。

最後にシーリングを施工して一箇所完了!

ちなみに、今回はシーリングの役割が重要なので、オートン・イクシードという最上位のシーリング材を使用【 一般的なシーリング材の伸び率は400%ですが、オートンイクシードは1000%超! 圧倒的な低モジュラス(反発力)で破断を防ぎます。】

本日は、ここまで。