月別アーカイブ: 2009年5月

オール電化×リフォームのBEFORE⇒AFTER

当社のお家芸的な「オール電化×リフォーム」の工事です。

先日、オール電化と浴室工事を終えたばかりのお客様からのご紹介です。

現場は朝倉郡杷木町なので、近くはありませんが、スタッフが筑紫野市在住というこうともあるので問題なし。

最近は、ホント広域にお客様が増えてきました。では、恒例の「BEFORE⇒AFTER」形式で現場を公開!!

kawahara_remodel.JPG kawahara_remodel-1.JPG

工事前はこんな感じ・・

kawahara_remodel-8.JPG kawahara_remodel-10.JPG

台所を解体して・・ 下地の工事>木造作へ・・

kawahara_remodel-3.JPG kawahara_remodel-2.JPG

kawahara_remodel-5.JPG  kawahara_remodel-7.JPG

システムキッチンの出来上がり!(IH横のニッチ収納を作っちゃいました。調味料が入るので便利!)

kawahara_bath.JPG

工事前のお風呂・・・

kawahara_remodel-13.JPG

お風呂を解体して。。(一番の重労働なので若い職人が頑張ってます。)

kawahara_remodel-12.JPG

排水などを移設したら、土間コンを打って・・

 kawahara_remodel-16.JPG

システムバスは、TOTOサザナ1216

kawahara_remodel-14.JPG kawahara_remodel-15.JPG

洗面所の工事前を工事後で~す。

kawahara_remodel-19.JPG kawahara_remodel-20.JPG kawahara_remodel-18.JPG

ウッドデッキも大工一人で出来上がり(✿◡‿◡ฺ) ♡ かなり気に入ってもらった様子。

何よりも、お客様のご紹介でお仕事が頂けるのは、現場の職人達の努力だと思います。ご紹介をして頂けるだけの評価をもらえる位の仕事をやっていることに私は「誇り」をもつとともに、スタッフの頑張りに敬意と感謝をするばかりです。

訪販業者とガチンコ勝負!【福岡市早良区 A様邸】

こちらのお客様は、インターネットで弊社をお知りになり、お電話を頂きました。

こんな、ご相談から始まるケースは最近とても多いんです・・・

お客様:『わが家は、1Fと2Fの2世帯住宅で、完全に分かれているのですが、実は、オール電化を検討していまして、今すすめに来てる業者がいうには、大容量の温水器(550L)1台で、浴室への追焚きは2か所へできるって聞いたんですが本当ですか?・・・それと、新築ではエコキュートが多いが、リフォームでは、電気温水器が主流ですよ。って言われたんですが、そうなんですか?それから、お風呂の窓にかかる位置に設置しますって言われたんですけど・・・・。』

エコテックス:『んー。ご相談にはのりますので、契約をする前に、私に現場を見せて下さい。』ということで、現場調査へ・・

a_05_22-80.JPG a_05_22-58.JPG

↑ まだ築2年のとてもキレイな新しい住宅ですし、エコキュートを設置できるところは、かなりの狭小スペースでした。ガスメーターが二つに、エアコン室外機が2台、窓がたくさん・・しかも、エアコン室外機はもう一台増えるとのことで・・・(なるほど、これなら訪販業者の販売員もパニックになるのも仕方がないか・・

エコテックス:『まず、お客様のような2世帯住宅に1台の温水器では給湯量が足りませんし、温水器1台で、追焚きを2箇所へはできません、それから電気温水器よりエコキュートの方がメリットが出ますし、今は補助金もでてますよ。』

まずは、ご要望と、光熱費をお聞きして、全て採寸を済ませて、後日プランをお持ちすることになりました。

とにかく、訪販業者の販売員たちは、売ること(歩合給)だけが目的なので、商品知識がない、現場を知らない、お客様のことを全く考えないの3拍子揃っていることに改めて呆れながら、事務所で設置プランを考えました。

まだ新しい住まいでもあるし、1、2階への給湯器の機種選定、設置場所の計画、美観も考えて、最高のプランを作ることに専念しました。

それが、こちら。(まずは、お客様に設置イメージをわかりやすく伝えるため、実際の現場写真に画像ソフトでプレゼンします。)

setti_image.jpg

エコテックス:『一切、窓にはかからないように設置プランを作りました。エアコン2台を2段置き台へ移設、ガスメーターや配管撤去後に、エコキュート用のヒートポンプ(室外機)を設置、また、2階部は、もtもと給湯配管距離が長いために左側へ設置。全ての配管は、埋設及び床下配管へ。要は、工事的には大変ですが、ここまでやらないと、通路の確保や美観を損ねますので、当社が施工させて頂くとすれば、こうなります。』(きっぱり。)

お客様:『実は、もう1社(大型電気量販店)にも見積りをとったのですが、標準工事で全部できますヨって、そんな感じじゃないみたいだし、なんか他の2社さんとエコテックスさんの話がが違うんですけど・・・それで、今回エコテックスさんにお願いします。』

エコテックス:『ありがとうございます。責任をもって工事させて頂きます!(感謝)』

3社の中から選んで頂くということは、大変光栄ですが、本当にA様の立場に立って、プロとしてのご提案をしたのかという、当たり前のことだけなんです。うちが凄いのではなく、他社の2社がひどいっていうだけっていう話もありますね(笑)

さて、ご契約後にも何度か足を運び、段取りがついたので、いよいよ、着工です!

a_05_22-29.JPG

↑ エアコンの室外機を取り外して、基礎ベースを2か所作成。(キレイでしょう♥)

anai-eco-1.JPG

↑ こうやってアンカーボルトの穴は、ちゃんと「型紙」を使って空けます。

anai-eco.JPG

↑ いよいよ、2台同時の設置準備です。フェンスを外して・・

a-hannyuu.jpg anai-eco-7.JPG

↑ 搬入にあたっては、無理せずにフェンスを外して、慎重に。もちろん、外壁部には段ボールで養生します。(見えないからといって傷をつける訳にはいきません。)

anai-eco-15.JPG anai-eco-24.JPG

↑ 配管は、床下と、土中に全て埋設します。(保温性、美観を考えると、手間は何倍もかかりますが、当社の基本です。

anai-eco-21.JPG anai-eco-32.JPG

↑ もともとが、エアコン配管が床下からきていたために、床下で延長、移設場所へ配管取り出すためにホルソーで穴を開けます。(ホルソーで開けることで、キレイな丸穴ができます。)

anai-eco-75.JPG anai-eco-39.JPG

↑ 移設した2台のエアコン室外機(写真右)と、ヒートポンプの上は、将来的な室外機スペースとして確保(写真左)

anai-eco-62.JPG anai-eco-66.JPG

anai-eco-52.JPG anai-eco-60.JPG  

↑ そして、無事エコキュート×2台の同日施工が完成しました!さて、プランのイメージ図通りにできたかをチェックしてみましょう!

a_05_22-80.JPG

↑ 工事前の様子

setti_image1.jpg  

↑ これが設置のイメージ図

anai-eco-74.JPG

↑ 工事後の完成写真

(おかげさまで、全てが段どり通りに行き、通路の確保、美観、窓に掛からない施工ができました。)

それもそのはず。オール電化Jp様主催『施工自慢コンテスト』全国1位に輝いた、エコテックス自慢の施工ですから(✿◡‿◡ฺ) ♡

seko_no1.jpg

↑ 「施工自慢コンテスト」はこちらをクリック!

とにかく、最近は訪販業者や、大型家電店との競合で、お客様が非常に迷われています。そういったお客さまの共通の悩みは、『価格もバラバラ、どこに頼んでいいか分からない。』ということです福岡にお住まいで、オール電化、太陽光発電、リフォームをご検討のお客さま、ぜひ一度㈱エコテックスにご相談されてみて下さい。

「オール電化・太陽光発電・リフォームの専門店」

㈱エコテックス TEL:0120-060-456

ホームページ:http://www.ecotex.jp/

メール:info@ecotex.jp

福岡市早良区 K様邸 太陽光発電システム設置工事

こちらは、ちょうど3年前にオール電化工事でお世話になったお客様宅での太陽光発電システムの設置工事の様子です。

もちろん、当社では、良くある「工事前⇒工事後」などの写真の公開だけでなく、工事工程の様子を公開しています。それは、屋根の上や、土中、床下などのお客様にとって一番「見えにくい部分」を全て「見える」ようにお見せすること・・・逆に言えば「施工」に自信があることの裏づけにもなっています。

工事前

工事前で~す

moduele.jpg rimg0097.JPG

モジュール(パネル)がずらりと36枚(一箱に2枚づつ入ってます。)

rimg0091.JPG

これが、モジュール(パネル)の1枚です。これが36枚・・・

実は、これ一枚の重量が14.5kg!意外と軽いんですヨ。

rimg0073.JPG

これが、上のモジュールの裏側!あまり見かけることが少ないと思うショットですネ。
いたってシンプルで、電極につながれた配線が2本ピョーンと出ているだけ。。
rimg0061-e.jpg
パネルを固定する「架台」を組み立てます

p1040376.JPG

その架台を屋根に次々と取り付けていきます。

p1040382.JPG

いよいよ架台にモジュール(パネル)を取り付けていきます!

09-05-18.jpg

ついに、シャープ 太陽光発電システム(5.5kw)設置が完成!

kansei-k.jpg

◆◆◆ 福岡の太陽光発電システムの工事は! ◆◆◆

株式会社エコテックス 
TEL.0120-060-456(携帯OK!)

福岡市早良区田村2丁目4-11ー1F  ホームページ:http://www.ecotex.jp/
メール:info@ecotex.jp

お見積り無料・現地調査無料・シュミレーション無料! ご相談はお気軽に!

太陽光発電の設置が殺到中!

rimg0095.JPG

↑ これが、太陽光のモジュール(シャープ:ND-153AU)です。

H21年度の太陽光発電システムの補助金がスタートしたことに加え、売電単価が2倍になるというニュースの影響もあり、本年度に入ってから、当社のお客様からたくさんのお問合せが殺到し、おかげさまで太陽光発電システムの着工が、2か月待ちという状況です。(汗)

例えば、国の補助金は1kwあたり7万円ですので、仮に4kwのシステムを導入されると、28万円が補助され、さらに、福岡市にお住まいであれば、1件につき10万円の補助金が年間200件限定で出ています。

●国の補助金はJ-PECのホームページへ http://www.j-pec.or.jp/

●福岡市の補助金は、福岡市環境局のホームページ:http://kankyo.city.fukuoka.lg.jp/data/ondan/ondan_system.html

太陽光発電システムの設置をご検討される場合に、気を付けて頂きたいのは、専門的な知識やスキル、実績や経験のない、大型量販店や九電■などになりすました訪問販売業者から購入され、施工、設置してしまうケースです。(この前は、某大型電気店の提携会社で、なんと北側の面に設置するプランで契約までされていました・・・最悪です。)

福岡で、太陽光発電システムやオール電化の導入をご検討されているお客様へ

その会社が全国に支店や営業所があるほど大きかったり、誰もが知っているような企業の関連?だったりとか、キャンペーン期間だからと契約を急かされたり、とにかくこのメーカーの商品が一番ですヨ!などと一方的に主張してくる業者や販売員には特にご注意ください。(その手の業者が一番怪しいと思ってほぼ間違いありません。)

いくら補助金や売電単価が上がるとはいえ、高額な初期投資がかかりますので、メーカーや機器の選定、発電効果、費用対効果などを、われわれ業者の都合や利益の為ではなく、導入されるお客様に一番メリットが出るようなご提案が必要とされています。

私たちエコテックスでは、現地調査>プランニング>見積り>補助金の申請代行まで全て無料で行っています。まずはメールか、info@ecotex.jp お電話で0120-060-456(携帯OK!)でお気軽にご相談下さい。

「福岡の太陽光発電システムはエコテックスへ」
株式会社エコテックス  TEL:0120-060-456(携帯電話OK!)
福岡市早良区田村2丁目11-4-1F
ホームページ:http://www.ecotex.jp  メール:info@ecotex.jp