月別アーカイブ: 2014年9月

グランドフェアのお礼と、お詫び

 

先週末に開催しました、マリンメッセ福岡の「グランドフェア」にはたくさんのご来場を頂き、誠にありがとうございました。

しかしながら、折角ご来場頂いたにもかかわらず、事務局の会場アナウンスが弊社スタッフに聞こえず、そのままご入場され、

全くご挨拶もできなかったお客様が3組もいらっしゃいました。

今後、同じことを繰り返さない様、事務局とも協議を行い、改善を図ります。大変申し訳ございませんでした。

 

 

水廻りのリフォーム|福岡県糸島市南風台M様邸

お客様よりお身内をご紹介頂き、中古購入物件の水まわりのリフォームをご依頼頂きました。

ご本人様ご夫婦は多忙でなかなかお時間が取れないため、ご両親とのお打合せを行ない、本日無事にお引渡しできました。

 

工事前は、キッチンのウォールキャビネットが傾いていましたが・・

ウォールキャビネットも撤去して、ペニンシュラ型のキッチンへ。フラット対面式のカウンターです。

キッチンは、パナソニック リビングステーションSクラスです。

工事前は、I型キッチンの対面式、造作で対面カウンターや腰壁を造作してある、約15年~20年前に最も多いスタイルですね。

目の前にぶら下がっていた、ウォールキャビネットやコンロ裏の壁がなくなることで、スッキリ!

オールスライド収納で、かなりの収納力です。そもそも、間口が2,700mmあるおおきなキッチンですしね。

 

もちろん、パナソニックのIHクッキングヒーターと、

別手配をかけて取付した、パナソニック製の浅型の上面操作タイプの食洗機。

シャワー水栓は浄水器内蔵型で、ご存知タカギの水工房。

工事前は、日立化成のユニットバス1616が入っていましたが・・

大人気のTOTOサザナ1717へリフォーム!浴槽の位置も変更し1616⇒1717へ広げました。

新製品のタイル調「ほっカラリ床」がお洒落です。ワイドミラーの採用でさらにお風呂が広く見えます。

本来、写らないはずの私も、ワイドミラーなので写ってしまいます。(笑)

設備機器のコーディネートは全てお父様のセンスが盛り込まれております。(Mさん、バッチリですよ!)

工事前の洗面所(脱衣室)です。

洗面所は、化粧台こそ交換はありませんでしたが、もともと取付けてあった樹脂製の埋め込み収納をニッチへ造作しました。

1階のトイレ(工事前)です。ここにも樹脂製の埋め込み収納が取り付けてありました。

便器は、パナソニックのアラウーノです。手洗いもアラウーノ専用の手洗い器です。

樹脂の埋め込み収納は、ここでも造作で壁厚収納(ニッチ棚)へ。

もともとは、開き戸だったトイレのドアですが、キッチン~洗面所間の廊下側へ開いてしまい、干渉するので、片引き戸へ改修しました。

敷居部にはレール無しの「上吊りタイプ」です。きれいに納まりました。

工事前の2階のトイレです。ここにも、樹脂製の埋め込み収納がっ!

工事後です。同じく、造作で収納をつくりかえました。背面のダークな木目のアクセントで、白の便器が引き立って見えます。この辺も、お父様のセンスですね!

水まわりを、ダークブラウンで統一して、清潔感がありながら、暗くならないように、上手く白色をコーディネートされていると思います。

M様、この度はたいへんお世話になり、ありがとうございました。

弊社の努力が至らなかった点も多かったと思いますが、今後とも末永いご愛顧の程、お願い申し上げます。

長女さんご夫婦は、間違いなく、喜ばれると思います。お父様、たいへんお疲れさまでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校の後輩から・・・東芝 太陽光発電システムの工事

ホームページからお問合せのメールが入り、内容をみると、太陽光発電を検討していて、見積りが欲しい、

わたしも、筑前高校だったし・・とありましたので、すぐにご自宅にお伺いしました。

高校を卒業して25年近く経つのに、こういった形でご縁があることはたいへんありがたいことです。

O様、お近くですし、今後ともよろしくお願いしますね!

それでは、工事の様子です。

スレート屋根へ、東芝のDアンカー工法です。

個人的に大好きな工法です。何故かといいますと、金具の10cmくらい上にある三角のプレート。

そう、これが「水切りプレート」で、雨が上から流れてきたものを、金具そのものに流れてこないように、ワイパー的な役割を果たします。(そもそもが雨がかかりにくい点がGOOD!)

もちろん、ビス穴、金具周りも、コーキングでも防水処理を行います。

アンカーの取付が完了。

屋根が凸の形状をしていますが、東芝250Wが、16枚設置で4.0KWも設置できるんです!(ナイス設計!)

パネルを取り付けるためのフレーム(ラック)を取付けしています。このラックのレベル(高さ)調整がきちんとなされているかがパネル面がきれいに仕上がるか否かのポイントとなります。

軒先のカバーを取り付けたら、アレイ線(配線)をラックの上にきれいに整えながら、ラックへ結束していきます。

ここで、配線が「だらーーん」とか「ぐちゃ~ぐちゃ~」とかなっている工事はNGです。スレート屋根の上に接触することもNGです。

いよいよ、太陽電池モジュールが設置されていきます。屋根の南面は、ほぼ、太陽光発電で埋まってしまいます!(暑さ対策にはGOODです。)

完成!

完成!さぁー東芝の250Wですから、これからの発電量が楽しみですねOさん!

8月は雨ばかりでしたので、9月の発電量にご期待を!

Oさん、この度は、大変お世話になりました。

今後とも、末永いお付き合いのほど、お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

野立て 太陽光発電の増設工事|福岡県筑紫郡那珂川町T様

当社スタッフTくんのお得意様である、那珂川町のT様より、太陽光発電の「増設」のご依頼を受けました。
前回は、長州産業の太陽光発電を、折半屋根と野立てにて13.8KWでした。
しかも、T様が設置されたのは平成24年度の買取価格、40円(税別)です。
既存のシステムへの増設となった場合も、40円(税別)の単価で買い取ってくれます。
(期間のみ設置時点から起算して20年間となります。)

さて、まずは造成の様子から。

綺麗に、造成が完成しています。

遣り方にて高さを出して、基礎の位置を出しています。

鉄筋を組み、型枠を入れ、コンクリート基礎を打ちます。

架台のアンカー位置は基礎が立ち上がるので、鉄筋が組まれています。

がっちりとした強靭な基礎が完成しています。

雨降りがつづき、地面には雨が溜まっていますが、架台の組立作業はすすみます。

アルミ製の架台を組み立てが完成。

モジュールの設置も完成!カナディアンソーラーの255Wです。

駐車場の屋根の上にも、24枚増設しました。

おっーーー!太陽光発電だらけになってるではないですか!中央の奥に見えるのもそうです。

合計で、44.4KWの太陽光発電システムに増設されました。

今現在、低圧(50KW以下)で設置をされ、増設できるスペースがあるお客様、買取単価はそのままで、期間だけ最初の時点から20年です。

倉庫、工場、会社、空き地などに、太陽光発電を設置されませんか。ご相談はエコテックスまで!