月別アーカイブ: 2017年4月

現地調査はとても大切ですよ。

わたし達、リフォーム業者はお客様からの『見積り依頼』を受けて、まずは“現地調査”に伺います。

本日も、マンションと戸建ての2件“現地調査”に行って来ました。

 

新築などと違うのは、数十年前に様々な工法で建てられた、建築物の見えない部分『床下や小屋裏、壁の中など)確認・想定しながら、リフォームのプラン(計画)を考えなくてはなりません。

つまり、白紙にある程度自由に絵を描く“新築”に対して、他人が描いた絵をもっとキレイに良く描き直すようなものです。

ですから、他人がどういう紙に、どういうモチーフをどういう絵の具で、どうやって描いたのかを知ることから始まります。

正直、新築の3倍近い時間と、手間を要しての、現地調査→設計→見積りとなります。

しかも、それだけの手間をかけて作ったプランや見積りも、もしお客様が他社に『この内容で見積りして…』などと言えば、すべては同業他社に渡すことになります。(建築やリフォームの設計やプランは著作権みたいに保護されにくいですし。)

そんな手間の掛かることを省いてしまえば、楽にリフォームの提案ができるのでしょうが、その結果、着工した後に、『これは出来ません』、『ここがこんなだったから』、『解体してみたら…』というような事態となります。

そういった施工上のスキルやノウハウが無い会社(業者)かたくさんいるのを知っているので、当社では逆に“現地調査”に時間と手間をかけています。

良く出来たCGパースや、商品の魅力、デザイン、営業担当者の印象、見積りの金額など…

お客様が一番興味が湧くような、華やかな表面上のことではなく、お客様には分かりにくい建築の地味で泥臭いことを得意としています。

華やかなステージの上で、役者(俳優)が輝いて見えるのは、裏方さんのおかげと同じ。

リフォームを成功させるには、裏方さんの地味な努力が必ず大切になります。

久しぶりの休み

月曜日は、久しぶりにお休みを頂き、友人達とゴルフに行って来ました。

 

天気は、風もなくコンディションは最高!

湾岸沿いのゴルフ場なので、景色も最高!

スコアーは……相変わらずでした(笑)

ゴルフ、難しいですな〜〜

逆に、なかなか上手くいかないから、面白いのかも。

それから、仲間と一緒に回るから、楽しいんですよね〜

 

省エネリフォームで補助金GET!

昨日、今日は、南区高宮のマンションにて補助金(住宅ストック循環支援事業)を活用した省エネリフォームでした。

給湯器を、高効率給湯器『エコジョーズ』に変えて…

トイレを節水型の便器へ取替え…アラウーノの背面タイプの手洗い器は新製品で、初めて施工しました。

これだけでは、補助金が出ません。エコ設備リフォームは3点以上の対象設備が必要ですので、

キッチンの水栓金具を『節湯水栓』へ取替え。

これで、3点で補助金が5万円を超えるので、補助金の要件をクリアして、対象となりました♪

※但し、お住まいが築36年以上の場合は対象外となる場合がありますのでご注意ください。新耐震基準(昭和56年6月1日に施工された建築基準法施工令第3章および第5章の4に規定する基準を言う。)に適合していること。

 

パナソニックのショウルームへ

昨日、今日と2日連続で、パナソニック福岡ショウルームへ行ってきました。

バスルームの浴そうの仕様を決めるために、実際に浴そうに入ってもらっています。

対面キッチンの造作部分を参考にしてみたり・・

トイレの照明計画を参考にしてみたり・・

私の仕事は、お客様とのリフォームのお打合せや、設備の仕様の確認などがメインですが、ショウルームへ足を運ぶと最新の設備や建材などがあって、デザインやレイアウトなどは、とても勉強になります。

特に、パナソニックは設備機器だけでなく、建材(床材・建具・収納)や照明など住まいのことをこのショウルームですべて見て回れるのが良いですね。

逆に、エクステリア商品(窓サッシ・テラス・カーポート)がありませんが、マンションにお住まいの方にとっては、逆に見て回りやすいのかも知れません。

ハイテク・キッチンが完成!

本日ついに、福岡市中央区O様邸のシステムキッチンのリフォームが完成しました〜

工事前【ビフォ→】

工事後【アフター】

こちらのシステムキッチン、パナソニックのキッチン、Lクラスにオーダーをかけた特別仕様です。

まず、ウォール(上部)には、左から『ほっとクリーンフード』が。油汚れを毎回自動でおそうじ。面倒なファンの掃除は10年間不要。

その隣には、90cm幅の電動昇降ウォールが2台!

左には“電動昇降収納タイプ”を、右には“電動昇降乾燥機タイプ”を。つまり、ウォールキャビネットは全て電動昇降タイプになってますので、扉を開けるキャビネットはひとつもありません!

さらに、シンクの左右には…

ビルトイン食器洗い乾燥機が2台!

食洗機2台+乾燥機ですので、処理能力は半端じゃないキッチンです。

全部、開けてみるとこんな感じです。実際にシンクの前に立つと、凄い状態でした!

シンクは、大人気のPaPaPaシンク。シンクの一部が調理や仮置きスペースに早変わりします♪

O様、この度は当社へのリフォーム工事をご依頼頂き、本当にありがとうございました😊

最初は、メーカーにも出来ないと断られたりなんてこともありましたが、結果、問題なく施工出来たことに安心しております。今後共、末永いご愛顧を賜わりますよう、工事関係者一同よろしくお願いいたします。

組立工事の品質。

今日は例の前代未聞のシステムキッチンの組立設置工事です。

いつものチームYの2人による組立工事です。

システムキッチンや、システムバスルームなどのシステム品の組立工事は、どのメーカーでも有資格の指定工事店による施工になるのですが、これがまた、業者によって施工品質にかなり差があるんです。(業界ではユニット屋さんとか呼びます。)

 

メーカーの指定工事店という名前だから、そこはどこも一緒でしょ⁉︎

なんてことはありません。過去に何度も、施工に失敗したり、施工が下手くそだったり、養生やマナーが悪く、業者と喧嘩したこともあります。

このチームYの2人、打合せ、施工品質共に、とても信頼できる業者さんです。よっぽどのことがなければ、うちは彼ら達に仕事をしてもらいます。

いよいよ明日、前代未聞のシステムキッチンが完成します❗️

 

前代未聞のシステムキッチン⁉︎

今日から中央区薬院のO様邸のキッチンリフォームに着工しました。

まずは、既存のシステムキッチンを解体しています。奥から、電気工事の原、大工の吉冨、水道工事の浜地です。3人共、エコテックスの主力メンバーです。3人共、凄い技術と技能を持ち、経験豊かな職人さんです。

午前中でキッチンの解体を終え、大工による下地の造作工事と…

電気配線の工事を行ないました。

さて、こちらの新しいシステムキッチン、実は前代未聞のキッチンなんです…

なんと、“ビルトイン食器洗い乾燥機”がシンクの両側に2台、ウォール部(上部)には“電動昇降ウォールキャビネット”が2台付きます!

さすがに、20年近くこの仕事をしてきましたが、初めての超特別仕様。メーカーも簡単にはOKを出しませんでしたが、技術検討と施工計画を立て、実現します!

今から、完成が楽しみなキッチンのリフォームです!

勝手口って、リフォームでつくれる⁉︎

中古物件を購入されたばかりの福岡市西区西の丘のT様より、『勝手口がないので、リフォームでつけれますか?』とのご相談を承りました。

現地調査を行ない、予め壁を一部破らせて頂き、壁内の構造を確認しました。『出来ます!』という結論。

外側にはエアコンの配管もありますし、階段もつくらないと…

イメージはこんな感じです。

まずは内部側から開口を開けます。

ひとまず、一回り小さめに開口を開けました。

外から見ると、こんな感じ…

サッシ屋さんが勝手口を取付けてます。外壁サイディングをカバー工法で納めます。

完成〜〜♪ クロスも一切傷付けることなく施工しました!ナイス技術。

 

先ほどのイメージ通りに完成しました〜

後は、エアコン配管と階段をつくって完成しますが、今日はここまで。

 

土砂降りの中のトイレのリフォーム。

今日もすごい雨でしたね。

雨の中ですが、城南区別府のお得意様宅で、トイレの改修工事です。

一見、何も問題が無いトイレに見えますが、床が下地から落ち始め、便器の前に立つと、床がカタカタと傾く、とても危なっかしい状態です。

解体してみると、やっぱり土台も根太もダメになってました…

大工さんは、トイレにすっぽり入って仕事しております…

新しく、床組みからやり直してます。

木材(木下地)が腐った原因は湿気でしたので、湿気を取るための、床下調湿材を床下に敷き詰めています。見えないところですが、どうせ、分からないだろう…みたいな仕事をした時点で、エコテックスのチームから外される施工管理システムをつくることに、12年間かかりました(笑)

 

最後は、ゴッドハンド浜地が便器を取り付けて完了。便器の取り替えするのに、築40年以上の古い住宅であっても、完璧に養生シートするあたり、彼の“思いやり”という工法なのです。

完成〜〜!

吉冨大工、土砂降りの中、お疲れ様でした〜

浜地さん、養生、バッチリでした👌

床材は、無垢材のミャンマーチーク、とても高価な銘木です。

T様、久しぶりに工事でお世話になりました。

仕事は、サカイ引越センターより、キッチリしますので、またよろしくお願いします❗️

 

エコ・リフォームの完成!|基山町けやき台U様邸

お客様からご実家のご両親ををご紹介いただき、リフォーム工事をご依頼頂きました。

電気温水器をエコキュートへ、在来工法(タイル張り)の浴室をシステムバスルームへ、洗面所もリフォームさせて頂きました。

今回は、「住宅ストック循環支援事業」の補助金対象工事としてのエコ設備のリフォームとなりますので、補助金の申請もさせて頂きました。

旭化成のヘーベルハウスさんのお住まいですので、1317サイズのバスルームが設置できるか!?を、入念な現場調査を行ない、施工計画を立てました。

お風呂を解体して、ベタ基礎を打っています。山本左官のおやっさんが頑張ってます!

解体から、3日目でシステムバスルームが完成! バッチリ仕上がりました。

TOTOのシステムバスルームサザナは、「ほっカラリ床」で、暖房換気扇でヒートショック対策も。もちろん、バリアフリー仕様ですので、補助金もGET!

工事前の洗面所は、75cm幅の洗面化粧台が設置してあり、こんな感じでした。

洗濯機の左右に中途半端なスペースが・・・

洗濯機横の排水口が中途半端なスペースを取っていましたので・・

洗濯パンを新設して、洗濯機をバスルーム側へ目一杯、寄せることにして、洗面化粧台を100cmへ。そのおかげで、25cmも幅の広い洗面化粧台を設置することができました。

工事後の洗面所です。お客様は早速、洗濯機も買い替えられました!

ホワイトの洗面化粧台(TOTOオクターブ)と、真っ白な洗濯機が、とても清潔感があります。

工事前・・

洗面所の照明にはLEDベースライトへ取替えて、かなり明るくなりました♪

100cm(1m)幅の洗面化粧台は、とても広く収納力もたっぷり。

写真撮るの忘れてましたが、「体重計収納」も付いています。

電気温水器から、エコキュートへお取替えさせて頂き、「魔法びん浴そう」・「エアインシャワー」・「節湯水栓」の採用で、省エネ・リフォームが完成しました~♪

U様、この度は大変お世話になりました。今後共末永いご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。