月別アーカイブ: 2009年3月

エコテックスの施工が、No.1を受賞!!

seko_no1.jpg

オール電化JPさん主催の第3回【キラリ☆と光る施工自慢コンテスト】にて、

全国有数の施工店の中から、なんと、第1位を受賞させて頂きました!

福岡市西区姪浜 U様邸 オール電化(Panasonic  エコキュート/IHクッキングヒーター)

こちらの現場は、洋風住宅(2×4)の大豪邸で、エコキュート工事にあたり、1階と2階の電気契約を切り分け、3台のエアコンを2段置き台へ移設しました。何よりもエコキュートの搬入経路が厳しく、犬走りを40m近くも男5人で搬入しました。配管も埋設(土の中)配管で約3m程度の移設など、全てにおいて難しい現場でしたが、エコテックスの『自慢の施工』の全貌を公開します・・・
 

設置できるのか!? uedatei_before-40.JPG

↑工事前(写真左)・・・手前からジェットバス用ポンプ・給湯器(1F用)・給湯器(2F用)・エアコン室外機が3台ズラリと並んでいます。しかも、今回は1階部のみの電化工事なので、2階用のガス給湯は一切さわれません。(汗)

室外機の移設中! uedatei_sekoucyu.JPG 

↑ まずは、エアコンの室外機を2段置き台へ移設して、左下へヒートポンプ用のスペースを確保しました。

鉄筋を入れてます! img_0302.jpg

↑ 今回のように、既存の基礎ベースに継ぎ足しての施工にあたっては、必ず鉄筋(横筋)を入れることで、継ぎ目から開かないように施工します。

左官工事 左官工事完了 
↑ 当社では、簡易ベースや、木枠にセメントを流し込んで・・という基礎ベースの施工ではなく、。全ての現場で本職の左官工が基礎ベースの作成をします。(仕上がりがやっぱり違いますネ!)。

険しい搬入の様子 険しい搬入の様子2

↑ 狭小の搬入距離40m、搬入要員5名で、かなり険しい搬入になりましたが、久々に。必殺技・・★★★「ブロック渡り!!」★★★を使いました。(※専用スーパー毛布と段ボールが必需品です。)

uedatei_sekoucyu-29.JPG ちゃんと養生します。

↑ エコキュートの搬入にあたっては、どのタイミングで「梱包材を剥がすのかが」、大切なポイントです。それは、梱包を剥がしたあとでの搬入や設置は、必ずと言って良いほど、傷やへこみのリスクを伴ないます。ですから、据付の際は「外壁面」にも梱包材をあてて養生します。。(見えない側の面ですが、見えないからこそ手を抜かないことです。)

ステンレス製M12アンカーボルト 電子水平器まで使用します!

↑(写真左)当社では、脚部の固定はM12アンカーボルトを使用します。しかも“ステンレス製”です。部材代としてはスチール製のに比べて3倍くらい高いのですが、こういう部材はステンレスを使わないと、すぐに錆びてダメになります。(ファッションも工事も足元が大切です。)

(写真右)エコキュートの貯湯タンク据付の際は、、。「タンクは大体こんな感じかな?」なんてことを絶対にしません。
貯湯タンクは、満水時で約450kgの重量物ですので、水平、垂直が取れていなければ、せっかく基礎を水平にしていても意味がありません。
そこで、当社では電子レベル(BOSCH製)で計測して、±0.05度以内の誤差でないとOKしません。(ただの神経質ともいいますが・・)

埋設配管 穴掘り、穴掘り・・

↑ 架橋ポリ管(給水・給湯用)を埋設配管するのですが、掘った土を置くスペースが無いために、掘っては埋め、掘っては埋めの作業です(汗) いつかは、3億円が出てくることを信じて掘り続けます(笑)

uedatei_kanko-17.JPG 

↑ ついに、エコキュート工事完了!(パナソニック/370L/薄型フルオート/HE-W37BQS)

エコキュート工事完了! ズラリと並んでます。 配管は埋設ました

↑ まだ、2階用のガス給湯器が残っていますが、近いうちにお2階もオール電化にされるとのことでした(✿◡‿◡ฺ) ♡

 ビフォー(工事前) >>> KZ-VS33E

↑ ちなみに、この現場のIHクッキングヒーター(パナソニック/KZ-VS33E) 工事前⇒工事後です。

この度は、当社の施工に高いご評価を頂き、誠にありがとうございました。審査員の皆様や、関係者の皆様、お施主様に深く感謝いたしております。

また、何よりも当社の工事スタッフが一番喜んでおります。これを励みに、今後とも一層努力して参りたいと思います。ありがとうございました。

★受賞いただいた記事はこちらへ ↓↓

http://www.alldenka.jp/modules/column/index.php?content_id=45
seko_no1.jpg  

●オール電化JP・えこQ
これスゴイです。そこまでこだわるかという程のマニアック施工。「必殺ブロック渡り」は笑わさせていただきました。でも、ケガしないように安全第一でお願いしますね。
●オール電化JP・入沢
エアコンの室外機の2段置きで貯湯タンク設置のスペースを確保しなくてはいけない等準備が大変な事例。「ブロック渡り」は経験豊富な施工店様ならではの技でしょう。また、梱包材の養生やステンレス製アンカーポイントなどこだわりを感じます。
●オール電化JP・奥山
元々ある機器も活かしつつ、新たにエコキュートを付けるのは、まったくの新設よりもずっと高いスキルが必要ですね。『必殺 ブロック渡り』と『ステンレスのアンカーボルト』、『電子レベルでプラスマイナス0.5度以内の誤差』が心を打ちます。
●オール電化JP・はぶこ
新品なのに、設置時にキズがついたり、壁を傷めたりなんて設置後悲しくなりますから。見えないところで手を抜かない姿勢に拍手
●オール電化JP・中沢
写真が多ければよいというわけではないですが、ポイントポイントがきちんと解説されていて、見ていて安心できます。
●特別審査員・Y
本職の左官やさんを起用するなど細部にわたってプロの仕事を感じます。
●特別審査員・A
必殺技の「ブロック渡り」はスゴイですね。作業のポイントが丁寧に写真で紹介され、「自慢の施工」の醍醐味が伝わってきます。思わず、「お疲れさまでした」と声をかけたくなりました。
●特別審査員・HK
顧客に対する心配りと、テクニカルな工事は高評価。ただ、こだわり過ぎて、人件費なども含めて採算が取れているのか、価格がユーザーに跳ね返っていないのかが気になります。
●特別審査員・AK
各行程を細かく写真で紹介している上、コメントで自店のこだわりポイント(基礎工事、梱包をはがすタイミング、タンクの水平の計測など)を何気なく要所に入れているので、工事に対する誠実さが伝わってきます。
●特別審査員・H
室外機を2段置き台に移設したり、基礎ベースのこだわりなど、きめ細かい提案力や施工力が感じられます。そして、梱包材をはがさずに設置するとは驚きました。本体のちょっとした傾きなどによって、本体や壁などに傷がついてしまいますからね。さびないステンレス製の部材を使うなど、他社と十分に差別化できる工事内容になっていると思います。
●特別審査員・K
ブロック越えの厳しい現場の雰囲気がとてもすばらしい!グッドです!

「全国NO.1の施工で対応、福岡のエコテックスです!」
株式会社エコテックス  TEL:0120-060-456

福岡市早良区田村2丁目11-4-1F
URL:http://www.ecotex.jp  Mail:info@ecotex.jp

『卓上100VIHのビルトイン風 !?』

こちらは、福岡市早良区内野のN様邸のオール電化工事なのですが、実は、200VのIHクッキングヒーターを導入せずに、今までお使いの100V卓上型IH(AMWAY製)を2台使ってオール電化住宅に!

確かに200Vの方がパワーもあるのでしょうが、長年ご愛用されてこられた卓上IHなので、なんとかできないかということから、アイディアを出して、こんな工事を行いました。

gasu_tekkyo.JPG rimg0020.JPG

↑ まずは、既存のガスコンロを撤去・キャビネットの強度を確保するために、天板に合板を貼ります。

rimg0010.JPG rimg0026.JPG <できあがった部材

↑ 次に、キッチンの開口部をふさぐために、キッチンパネル材の裏に補強桟を取り付け、両面テープを付けます。

gasu_tekkyo2.jpg rimg00420.JPG <さらに、将来的に200VのIHにもコンセントとブレーカーの交換だけで済むように、専用回路は20Aで、配線を2.6mmの太さで施工しておきます!

rimg0040.JPG <そして、パネルで開口部をふせ、中央に丸穴を開けて、コードを下へ潜らせます。また、キッチンパネルの木口が見えるとみっともないので、アルミの見切り材を取り付け、水が入らないように外周をコーキング処理します。

rimg0046.JPG rimg0044.JPG <完成!! 『卓上100VIHのビルトイン風』が出来上がりました。

奥様曰く、「これなら、ガスを使わなくて済むし、今までみたいにしょっちゅうブレーカーは落ちないわね~!本当は、ベニア板か何かを天板の上に乗せる程度だと思ってたから、びっくりしました。あえて、前面はふさがずに開けてもらったおかげで、調味料とかサランラップとかがおけちゃうのが楽しみ!」と大満足の奥様でした。

rimg0031.JPG rimg0032.JPG

ちなみに、こちらのお宅ではエコキュート工事をご注文頂いた際、ガスコンロは一切使用せずに卓上IH2台を使っていることをお聞きしたので、こういったご提案をさせて頂きました。確かに、200VビルトインIHクッキングヒーターをおすすめすることも良いのでしょうが、あわてて高額のIHを購入頂かなくても、こういったご提案や施工ができることで、お客様との信頼関係を築くことのほうがとても大切だと思います(✿◡‿◡ฺ) ♡ やはり、住まいのことを頼む、頼まれるということは、「信頼関係」がないと成立しませんからね。

「福岡でエコ・リフォームのことなら。」
株式会社エコテックス  TEL:0120-060-456
福岡市早良区田村2丁目11-4-1F
URL:http://www.ecotex.jp  Mail:info@ecotex.jp

「窓を替えるエコ」…2009 トステム春の大商談会にて

先週末の3/6,7,8に、福岡国際センターにてトステム春の大商談会が行われました。

トステム[TOSTEM]と言えば、国内大手のアルミサッシメーカーさんですが、今やINAXさんとの提携によるバス、キッチン、洗面、トイレなどの「水まわり設備」から、TOEXの門扉、フェンス、カーポートなどのエクステリアまで、かなり幅広い商材の展示会でした。
オール電化のブースには、九州電力㈱さんによる「光熱費試算コーナー」や、三菱さんによる新型の3つ口IHのデモンストレーションでにぎわっていました!では、その様子を・・

tostem_09-03-8-21.JPG tostem_09-03-8-20.JPG

↑ 大相撲でおなじみの、福岡国際センター

tostem_09-03-8-14.JPG tostem_09-03-8.JPG

TOEXのエクステリアブースと、INAXの「黒い」トイレ!REGIOです。(初めて黒いトイレの実物を見ました!)

tostem_09-03-8-17.JPG tostem_09-03-8-19.JPG

九電&三菱さんのオール電化ブースと、ついにでました!新製品の三菱製3つ口IH(✿◡‿◡ฺ) ♡

tostem_09-03-8-10.JPG tostem_09-03-8-12.JPG

左の写真が、「遮熱高断熱複層ガラス(Low-E) VS 一般複層ガラス」の比較デモコーナーですが、右の一般的なペアガラスは触れないほど熱いのに、左の遮熱ペアガラス(Low-E)は、比べ物にならないほど、熱くないのです!

南側のリビングの窓なんか、夏場暑くて仕方ないから、エアコンをガンガン付けてるっていうお宅も多いでしょうが、これなら大丈夫!

そこで、会場でトステムさんに樹脂サッシについて聞いてきました!

TOSTEMご担当者:「窓などの、開口部の大きさは熱ロスに比例しますし、サッシに使用されているアルミという材質を考える場合は、鍋やフライパンを思い出してください。手の触れる取っ手の部分には必ずプラスチックが使われています。つまり、金属に比べ「熱を伝えにくい」プラスチックの性質を利用することで、高い断熱効果を生み出すのが樹脂サッシなんです。アルミに比べ熱伝導率は約1000分の1!高い断熱性能の秘密はここにあります。アルミサッシのメーカーであるトステムも、生産性、加工性、利益性よりも、地球環境への配慮する製品作りへシフトしているですよ。とのことでした。

これからは、エコキュートやエアコンなどの省エネの設備機器ばかりでなく、複層窓サッシや、樹脂製サッシなどの住宅の“断熱性”を高めるリフォームをすることで冷暖房などの効率を上げていくことも大切なことですね! ぜひ、「窓のエコリフォーム」もエコテックスまでご相談下さい!

「窓からはじめる、エコ・リフォームのご相談承ります。」
株式会社エコテックス  TEL:0120-060-456

福岡市早良区田村2丁目11-4-1F
ホームページ:http://www.ecotex.jp  メール:info@ecotex.jp

★お見積り無料・お気軽にご相談ください。

60日間で21台を売った営業マンの感動秘話。

kanndou_60.jpg

毎年、九州電力様の主催で行われている「オール電化獲得コンテスト」が、今年度は、地球温暖化問題(CO2削減)への貢献度を評価される、「エコキュート普及コンテスト」となりました。

その、コンテストにあたって、当社の営業マンが60日間に起こした、奇跡的な話をご紹介します。

毎年、目標の数字(ハードル)があがっていくために、当社の事業規模からすれば、とても大変な目標なのですけれども、おかげさまで、当社は、過去4年連続で受賞させて頂きました。

しかし今年度は、さすがに不況の影響もあるのか、1月の年明けの時点で、19台も足りない状況となってしまい、さすがに今回だけはスタッフ全員が無理だとあきらめていました。

というよりも、目標達成などは、絶望的な状況だったのです。

そんな暗い事務所のムードの中、うちの営業マンの山内君が真剣な表情で、

「みんなで、やりましょう!無理と決め付けるにはまだ早いし、一ヶ月に、10台いけば、達成しますよ!」
全員が「・・・・・・・。 んーー。・・・・そうしましょうかーー・・・・、はーい・・・。」
その日が確か、1月10日でしたので、実際に残された期限は2ヶ月間で、休日を除いてしまえば、実質は50日間・・・

しかも、1月、2月という一番短期間で、業界的にも最悪の期間での営業活動に・・・

そんなこともあって、社長である私自身も正直なところ、目標に近づくことはできても、クリアすることはさすがに難しいと思っていました。
まずは、足がかりにオール電化の展示会に参加、独自に「エコリフォームセール」の折込チラシを4万枚も打ちましたが、燦々たる結果に・・・(やっぱりダメかっ)

しかし、営業の山内君は、お客様から紹介をもらいに行ったり、過去にご提案させていただいたお客様のところへ行ったりと、とにかく独りだけ、忙しそうに走り廻っていました。(ほとんど事務所には戻ってきませんでした。)

そうすると、4,5,6件・・と、少しづつ受注が増え出すと同時に、とても不思議な現象が起こり始めました。 

それは、営業マンの山内君が真剣に目標に向かって、毎日ひとりで頑張っている姿をみて、私を含め、スタッフの意識が変わり始め、全員の目標がひとつになりはじめた途端に・・・

8,9,10,11,12・・・信じられないような加速度で、受注があがりはじめたのです!!

 そして、ついに本日のF様邸の受注をもって、計21セットのオール電化成約!、5年連続の達成が確定しました(涙)。

その内、15件の受注を頂いた山内君が、事務処理を終えた帰り際に2人っきりの事務所で私に、こう言いました。

「社長、やりましたね!最後の最後まであきらめなかったら、不可能と思ったことでも、可能になるんですね!本当にきつかったんですけど、今は達成感のほうが大きくて、なんか気持ちいいっす!」
私が思うに、彼が本当にすごかったのは、一人で出来たのではなく、彼自身が本気で目標に立ち向かうことで、その勇気ある姿を見たまわりのスタッフたち全てに影響を与え、たくさんの味方を作ったことではないでしょうか。(実際に、長い映画でも観ていたかのような60日間でした・・)

今回、彼にとっての一番の応援者は、21名のお客様方ですし、その他にも、大活躍してくれた女性スタッフたち、毎日のように入る工事をちゃんとおさめてくれる工事スタッフ、九州電力様、メーカー様、お取引先の全ての方々が、いい意味で、彼に巻き込まれたという形になりました。

 物事が、想像を超える範囲でうまくいく時や、不可能が可能になるときの“法則”を見付けた様な気がします。

それはつまり、

「自分の回り(相手)を変えようとする前に、自分(自身)が変わること。それを見てくれて、応援(協力)してくれる人達がどの位いるのかで、その結果に大きく影響する。」ということです。

とにかく、こんな素晴しいスタッフに囲まれて仕事ができることを誇りに思いますし、当社を支えてくださってくれるお客様のためにも、もっともっと、「自分自身が変わる」ことに努力していきたいと考えます。

本当に、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

そして、山内くん、本当にご苦労様でした。

「スーパー営業マンの山内君をご指名下さい。」
株式会社エコテックス  TEL:0120-060-456

福岡市早良区田村2丁目11-4-1F
ホームページ:http://www.ecotex.jp  メール:info@ecotex.jp

★お見積り無料・お気軽にご相談ください。