月別アーカイブ: 2017年3月

電気温水器からエコキュートへのお取替え

先日からブログにも書きました、お客様宅の電気温水器からエコキュートへのお取替え工事が完了しました。

工事前の電気温水器の基礎ベースは工事されておらず、旧ガス給湯器の土台と平板ブロックを敷いて設置してありました・・こういった施工が、地震による転倒や傾きによる配管の不具合などに直結してしまいます。実際にこちらも約10年のご使用で過去に度重なる修理を行なったとのことでした。

今回は、現場打ちコンクリートにて頑強な基礎ベースへつくり替えました。

あまりにも急で左官さんがつかまらなかったので、わたしと浜地で施工しました。

慣れたもんです♪ 下水管のフタがあるくらい、問題なくアール状にかわします。

脚部カバーもされておらず、配管はおおきく露出していました。

施工は簡単でしょうが、美観と耐久性を考えると良くない施工ですね・・

はい!安定の、キレイな配管の施工です♪

配管の金属部分には、保温材がきちんと巻かれています。(もちろん、脚部カバーは取付しますよ。)

工事前はこんなに配管が出ていましたが・・

こんなにスッキリしました。給水や給湯の配管の露出部分が多いと、紫外線による保温材の劣化や、凍結の可能性が高くなります。なるべく地面に埋設するか、床下配管などで施工して、露出を少なくするべきですね。

工事前の電気温水器(ユノカ製/460L/セミオート)

工事後のエコキュート(日立製/460L/水道直圧フルオート)

あまりにスッキリしましたので、お客様も配管工事の違いに驚かれていました。

エコキュートの工事の日には、お風呂と洗面所のリフォームもご依頼いただきました!

完璧な段取りでリフォームさせて頂きますので、よろしくお願いします!

こういった施工事例を知って頂くことで、同じ「工事」でも品質があることをたくさんのお客様にご理解いただき、手間と材料を惜しまずに、熟練した技術・技能をもった職人が施工することの大切さをお伝えできればと思います。実際に温水器の工事であっても、このような手間や材料を省いた「手抜き」工事がとても多いのも悲しい事実です。

 

ユニットバスの段差解消!

昨日、ご紹介のお客様宅(南区髙宮)のマンションのユニットバスのお取替えのリフォームが完了しました。

工事前のユニットバスは、床のタイルのはがれなどもありましたが、何よりも浴槽のまたぎ高さが高いのが入浴しにくい・・とのご不満がありました。

洗面所からお風呂にはいる敷居も8cm上がっており、段差解消をご希望されておりました。

古いユニットバスを解体・・とは言っても、床も壁もタイル張りのユニットバスなのでとても大変です。今日も浜地が頑張ってますε-(´∀`; )

しかも、間仕切り壁がブロックなので、さらに大変です(汗)

いつものY氏による、バスルームの組立工事です。安定の施工品質です!

新しいバスルームが完成しました。

8cmの段差も解消できて、バリアフリーにできました!お客様も喜ばれました~

ドア枠まわりも、ブロック造で手こずりましたが、現地調査と段取りができてましたので問題なくクリアー!

キレイに仕上がりました~

Aさま、大変お世話になりました。今後共よろしくお願いいたします。

 

 

いまどきの洗面化粧台へ。

今日は、西区野方のA様宅の洗面化粧台の取り替え工事でした。過去にはオール電化、太陽光発電、お風呂のリフォームなどを工事させて頂いてますお得意様です。

工事前(ビフォ→)の洗面化粧台は、水栓金具が悪くなって修理のご依頼を頂きましたが、水栓金具の交換でも5〜6万円かかるので、洗面化粧台の取り替えをオススメしました。

今日も、浜地が丁寧な仕事してます…

 

工事後(アフター)です。

トクラスのEJという、洗面化粧台(幅75cm)です。

ここで、工事前の洗面化粧台との違うポイントをご紹介。

◉1面鏡→3面鏡へ(鏡の裏に収納があるので、埃が付きませんね。)

◉水栓金具がボウルから立ち上げ→水栓金具は壁出し(水がキレて、水垢防止になります。)

◉フロア部が開き扉→片引き出しタイプ(ドライヤーなどは引き出しに、大きなものは開き扉へ。)

毎日、家族で使う“洗面化粧台”ですから、少しでも使いやすく、価格も安く…なら、トクラスEJ、オススメします!

その後は、新規のお客様宅に、エコキュート工事の現地調査へ…

約16年ご使用中のTOTO電気温水器は、タンク内部で漏水してました。

お近くですし、ぜひぜひエコテックスへおまかせ頂けますように!

エコキュート(オール電化)の工事ならダントツの実績とノウハウでお応えします❗️

今日は左官さんに。

昨日の現場の基礎ですが、新しく設置予定のエコキュートの脚の位置が異なることもあり、急遽、基礎ベースの工事を行うことになりました。

が・・・昨日の今日で、職人さんがつかまる訳ありませんので、浜地とわたしで左官仕事に入りました。

既存の電気温水器は、旧ガスの土台と、平板ブロックの上に置いてありましたので・・

電気温水器を外して・・

型枠を組んで・・下水のフタをかわすために、R状に型枠を入れました。

生コンを打ってからは、表層に水がたくさん浮いてきますので、約3時間後に天端の押え(仕上げ)をしなければなりませんので、腹ごしらえに近くで見つけたカレー専門店へ。

Wスパイスっていうお店で、

浜地はスープカレー。

わたしは、カツカレー。食事で冒険できない自分が嫌になりますが、美味しかったです。

生コンを、型枠に流し込んで、3時間後に天端の仕上げをして、基礎工事が完了!

エコキュートの設置工事の段取りは万全です。

お風呂のリフォームと合わせて、「補助金」を活用いただくご提案をさせて頂きました。

63%OFFですよ!

今日は午後から、今年の1月に工事でお世話になりました、お客様からのご紹介にて、ご実家の電気温水器からエコキュートへの現地調査へ。

こうやって、お客様からお身内をご紹介を頂けることは、本当に有難いことです。

現場に到着。

ユノカ製の電気温水器は460Lでしたので、消費電力は5,400W。ドライヤー約5本分の電力でお湯を沸かします。

同じ460Lのエコキュートなら、2,000Wの電力で済みますので、63%OFF!

単純に電気料金も、63%安くなりますよ。

お〜っ!

良く見ると、ガス給湯器の時の架台の前に、平ブロックを敷いて設置してありました…

九◯工さんの工事らしいのですが、他社の工事の誹謗中傷をする訳にもいかず…

ちょうど10年位経つらしいのですが、数年前から度重なる故障と修理だったらしいです。

基礎だけでなく、配管工事も施工不良が見受けられました…

やはり、設備機器は『施工の品質』が“性能”と“寿命”を決めてしまうという一例です。

バスルームのリフォームのお話しも頂きましたので、現地調査のために早速、床下へ…

床下に潜るのは、決して楽な作業ではありませんが、リフォーム工事においては現地調査が最も重要と考えてます。

Kさま、ご紹介ありがとうございます。

全力の施工対応でお返しさせて頂きます!

リノベーションのプラン二ング

昨日は、中央区の築30年のマンションの現地調査へ。約90平米ある広い専有部の全てリフォームする施工範囲なので、一旦、スケルトンにしてリノベーションするプランか…

それとも、利用できるものは、なるべく利用してリフォームするか…

写真にあるようにリフォームのプラン作成にあたって、あちこちにある、大きな梁がネックになります…

しかし、そこはプロですから腕の見せ所です…

(;´Д`)

いずれにせよ、リフォームのプランがとても大事な物件です。徹夜作業も強いられるとは思いますが、設計に没頭して、良いプランニングが出来ればと思います。

エコキュートが0円⁉︎

今日は、新規のお客様のリフォームの現地調査へ。

施工範囲が多くて、2人掛かりにも関わらず、朝の10時から14時まで、4時間もかかりました(汗)

現場は、糸島市のお得意様宅にて電気温水器から、エコキュートへの取り替え工事でした。

なんと、エコキュート本体は無料(0円)!

というのも、先月他のお客様掛がたった1年しか使用されていないエコキュートをお取替えされ、あまりの新しさに処分することはできず、こちらのお客様へ0円でお譲りしました。(もちろん、取替えの工事代金は別ですが。)

12年前に当社で取り付けさせて頂いた、電気温水器(460L)井戸水接続を…

今回は、エコキュート(370L)を水道接続へ切り替えしました。

これで、電気代は大幅に安くなります!

エコキュートのリサイクルですから、何よりもエコな給湯器の工事でした〜

1.5mmのフローリング⁉︎


今日は、地元早良区にて、トイレと洗面所工事の最終日です。

工事前のトイレです、床は一般的なクッションフロアーが貼ってありました。

初日…そのクッションフロアーを剥いで、キレイに下地調整をして…

大工さんがパナソニックの1.5mm厚の※WPBリフォームフロアーを貼っています。

※WPB(ウッドプラスチックボード)とは、リサイクル樹脂と木粉を原材料として、薄いシート状に加工した木質系プラスチックボードのこと。わずか1.5mmの薄さでも、へこみやすり傷に強い素材。

2日目…トイレと洗面所の壁面に、エコカラットを貼っています。今回はスプライン(ベージュ色)です。

これが、パナソニックのWPBリフォームフロアー(珊瑚石柄)です。

洗面所とトイレでちょうど2坪分の材料でロスなく施工できました。初めて施工しましたが、クッションフロアーと違って、目地があって高級感があり、足触りもサラサラしていてGOOD! 今度からトイレや洗面所にオススメさせてもらいます♪

3日目…便器や手洗い器などの器具付けと、仕上げを行ないます。

手洗い器は、自動水栓タイプ。トイレの手洗い、蛇口を触らなくて良いので清潔ですね〜

エコカラットの仕上がりも、バッチリやし…

新しい建材も、次々と発売されますから、勉強して施工して、良かったら他の人お客様にもオススメしよっと。工事関係者の皆さん、お疲れ様でした〜

室見が丘のエクステリア・リフォーム|福岡市西区室見が丘T様邸

ついに、西区室見が丘のエクステリア工事が完成しました~!

エクシスランドのEウッドスタイルのフェンスと、LIXILの人工木ウッドデッキ(樹ら楽ステージ)の工事です。

では、工事中の様子をご紹介・・

まずは、古く腐ってしまった木製のウッドデッキを解体後、整地して防草シートを敷きます。

この防草シートは「エコナルシート」と言って少し高いですが、長期間強害雑草をしっかり抑えます。

フェンスの柱を立てたあと、ウッドデッキの基礎と土台の工事へ・・

とにかく、大きなウッドデッキで・・

しかも、変則的な形状をしてますので職人さんたちも大忙しです!

デッキが仕上がった後から、フェンスの板材を張っていきます。

フェンスはお施主さんのこだわりの色(グレー)で、板材のスキマは15mmです。

いい感じに、フェンスが張られていきます。

完成〜〜!

フェンスのグレーもいい感じ♪

 

わたしの担当は、エクステリアのリフォームにあわせての「照明計画」です。

事前に、ローボルト(12V)のコントローラーと配線を仕込んで、LEDの照明を配置しました。

出来たばかりのウッドデッキに穴を開けて、こんな感じのLEDライトを埋込みました。

早速、夜に見に行ってきました。いい感じ♪

リフォームは、インテリアも、エクステリアも最後の「照明計画」がとても重要ですね。

家でくつろぐのは、もっぱら夜ですから、雰囲気を演出するのにはとても大切です。

さぁ、春を待たずにバーベキューが始まりそうな予感がします(笑)

お風呂→トイレ→洗面→ウォシュレット

今日は朝から南区高宮のユニットバスルームの取替えの現地調査へ。

大体が、小屋裏や床下などの見えない場所を、見るのが、わたし達の仕事になります。

朝から築30年のユニットバスの天井に入ると、壁がブロック造でした…∑(゚Д゚)

やはり、手間を惜しまずに確認しないと、後から大変なことになりますね〜(怖っ)

その後は、大濠のマンションリフォームのお引渡しに養生剥ぎと、清掃に。

トイレ工事前

トイレ工事後

トイレ、バッチリ、仕上がりました。

洗面所も、高級ホテルみたいになってました!

その後、事務所に戻って、設計、積算の作業をおえ、地元のお客様宅のウォシュレットの取替えに出動!

工事前……ウォシュレットが壊れて。

慣れたもんです。ウォシュレットの取替え作業を1時間かからずに完了。

今日は、一日中、水まわりのお仕事でしたが、やっぱり何よりも現場が大切な仕事なので、何より充実感があります。

来週も、頑張るぞ〜〜!お〜〜!