マンション・リフォームが完成!|福岡市中央区舞鶴Hさま邸

当社のホームページからお問合せ頂き、工事をご依頼頂きました、福岡市中央区舞鶴のH様邸のマンション・リフォーム工事の現場です。

築35年経つマンションの専有部分は設備機器が老朽化しており、水まわりのリフォームとあわせて、既存の床材へ「直貼りフローリング」を張るなどのご提案をさせて頂きました。

まずは、キッチン。工事前はこんな感じでした。285cmもある大きなセパレートのキッチンでした。

解体すると、想定通りの換気ダクトや給排水の配管が出てきました。

真っ白な、清潔感のある、システムキッチンが完成!

全て、スライド(引き出し)なので、収納力もアップ!

間口285cmのキッチン、広いですね~!

個人的には一番のオススメのコンロ、Panasonicの「トリプルIH」。

10年間そうじ要らずの、Panasonic「ほっとクリーンフード」。IHと連動してますので、入切のスイッチを押すことはありません。

ユニットバスは、11×16サイズでしたが・・

入念な現地調査を行ない、13×16サイズへ拡ろげることができました!

短辺(浴槽側)がなんと、20cmも拡げることができました。浴槽側が広がるマンションのバスルームのリフォームは、満足度は◎ですね。

工事前の洗面所はこんな感じでしたが・・

こんなに明るい洗面脱衣室になりました♪

洗面化粧台は、TOTOのオクターブで、幅は1mもあります♪

洗面所の出入り口は、開き戸から、「アウトセット片引き戸」へ変更!

バスルームの敷居も、バリアフリーとまではいきませんでしたが、床ギリギリまで下げることに成功。

トイレの壁の一面はアクセントでクロスを張り分けされました。爽やかですね~♪

工事前の、和室。

畳を新調して、壁のクロスやフスマを張替えて、 結露がひどかった窓には内窓(障子調)を取付させて頂きました。

LDKや玄関ホールは、直貼りフローリング(メープル柄)を張らせて頂き、ガラッと明るくなりました。

Hさま、工事中の仮住まいでの生活や、工事前のお荷物の件など、大変だったかと思います。

おかげさまで、計画通りにリフォーム工事を仕上げることが出来ました。

ホームページで当社を見つけて、選んでいただき、本当にありがとうございました。

今度共、末永いご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

出窓が低すぎる、バスルーム!?|福岡市西区横浜Iさま邸

福岡市西区横浜のお得意様、Iさま邸のリフォーム現場です。

リフォームのきっかけは、洗い場の排水不良でお外に排水が漏れていたことでした。

色々とお打合せを重ねた結果、システムバスルームへの改修工事と合わせて、排水配管の復旧工事も行うことに。

在来工法のタイル張りのお風呂場です。20年以上経っていますので、木部の水腐れが心配されます・・

システムバスルームの場合、洗面所とお風呂場のこの段差が無くなり、バリアフリーになりますので、逆に言うと、お風呂場の床が上がります。こちらの現場の場合ですと、約17cmも床があがり、浴槽も今までよりも高くなります…

そうなると、新しいバスルームの浴槽が赤いラインまで上がり、浴槽横の壁パネルも最低、青いラインくらいまでは必要となります。

そうなると、こういった現場の場合は、「窓サッシの交換」という工事が発生します。

出窓解体・処分>大工下地木工事>アルミサッシ>左官モルタル工事>塗装工事と、5工種も入っての工事になりますので、約15万円前後の予算アップとなります。

しか~し! エコテックスでは独自の「窓台かさ上げ工法」をつかって、既存の窓をそのままに、バスルームを施工することが可能となります。

それでは、工事開始!

まずは、浴室の解体工事。1坪の浴室の場合、2t車でも載り切れないほどの廃棄物がでます。

解体してみたら、シャワー水栓の配管から壁の中で漏っていました。

やっぱり、在来工法のお風呂は「水漏れ→木部の水腐れ→シロアリ・・・」が怖いですね。

部屋内側の土台も水腐れしてました・・

ベタ基礎だったので、洗い場の砂利にはこんなにお水が溜まっていました・・

在来工法の浴室から、ユニットバスへのリフォームの際には、床下からメンテナンスが出来るように、スリーブ(人通口)を開けます。せっかく、ユニットバスにして初めて床下に空間が出来て、給排水のメンテナンスが可能になるにもかかわらず、スリーブ(人通口)を開けない手抜きをする業者もいますのでご注意ください。

給排水も新しい配管に取り替えて、いよいよバスルームの組立です。

 

システムバスルームの完成!TOTOで一番人気の壁柄「クレアライトグレー」を4面にご採用。

床のダークグレー(石目調)が空間を引き締めています。

窓をさわらずに、こんな感じで施工できました!

浴槽は、ゆりかご形状の「クレイドル浴槽」をご採用。

洗面所とお風呂場との段差も無くなり、バリアフリーになりました!

I様、この度も大変お世話になりました。

暖かいバスルームがこの時期にリフォームでき、計画通りに施工でき安心しました。

また、よろしくお願い致します!

 

秋のエコ・リフォーム現場。

久しぶりのブログです。

8月〜9月、にたくさんのご契約を頂き、エコテックスの秋のリフォーム現場は大忙し!

 

博多区のマンションのリノベーションの工事は約1カ月の大改修…

筑紫野市美しが丘では、弊社のお家芸的な、オール電化工事を…

糸島市では、住宅に10KW超えの太陽光発電システムの工事を…

早良区田村では、内窓のリフォームを。

防音対策+断熱効果が、素晴らしい!

西区横浜では、お風呂のリフォーム工事に…

たくさんのお仕事を頂き、おかげさまで現場は大忙しです!

工事関係者、頑張るぞ〜!

『ショウルームみたいなトイレに・・・』【トイレ編】

バスルーム、洗面所に続けて、「ショウルームみたいに・・」シリーズのトイレのリフォームです。

もともと、広いといれには人造大理石の手洗いカウンターが・・

工事前(ビフォ→)はこんな感じでした。

工事後(アフター)はこんな感じに仕上がりました。

床の石タイルは高級なものでしたので、新しく張替えたりすることはせずに、古くなった設備機器と内装の壁・天井などをリフォームさせて頂きました。

基本的には、現状(工事前)に良い材料などが使用してある場合は、大切にしてリフォームすることをおすすめしています。

ミラーの下部には「間接照明」が仕込んであり、トイレの部屋の照明と同じ系統に配線のスイッチをかけました。その理由は、こういった間接照明(建築化照明)は、来客用などの演出のための扱いをされることが多く、普段はなかなか点けることが少なくなるため、トイレの天井のLEDダウンライトを25Wの照度の小さいものにし、常にミラーの間接照明と一緒に点くことで、毎日の生活でも実用性があるように工夫しました。

シンプルなホワイト色のカウンターには、スッキリした自動水栓を取付。

トイレのカウンターの便器横には引出しの収納があり、ペーパーのストックなどたくさん収納できます。

シンプルで、シックなトイレルームが完成しました~♪

『ショウルームみたいな洗面ルームに・・・』【洗面所編】

つづけて、前回のショウルームみたいに・・・シリーズの『洗面脱衣室』のリフォームです。

もちろん、コンクリートパネル造の住宅ですので、ご要望を叶えるためにありとあらゆる難題が立ちはだかりましたが、こちらも設計通りにリフォームできました!

ありがとう、職人の皆さん!

工事前(ビフォ→)

工事後(アフター)です。

 

工事前(ビフォ→)

大きなシステム洗面化粧台と、ドラム式の洗濯機置き場が、なんと人工大理石のカウンターでつながっている特注品でした。

工事後(アフター)ショウルームみたいな洗面脱衣室になりましたでしょうか!?

洗面化粧台の前には、「整理タンス」が置かれており、この家具がある以上、ショウルームみたいにはならないので・・・

唯一の造作壁(コンクリート壁ではない)を抜いて、廊下側へ拡張して「壁面収納」を造作するプランとしました。

廊下との洗面所の間仕切り壁は、一旦解体され、洗面所側の収納部分へ改修しているところです。

約20cm程度ですが、廊下側に拡張したことで・・

「整理タンス」に代わる、「壁面収納」が完成しました~建具は3枚連動引き戸ですので・・

左右どちらから開けても、大きな開口で出し入れ楽々で、もともとは、ただの「壁」が、高さのある大きな収納部に生まれ変わりました~

システム洗面ドレッシングも167cm幅の大きなカウンターで・・

ミラーの上下には、間接照明を仕込みました。間接照明だけ点けると、こんな感じ♪

洗面化粧台側の壁面には、余すことなく石調のタイルを張りました。これも、お施主様がショウルームで一目で気に入られたタイルと全く同じものを採用頂きました。

工事前の洗濯機の給排水は、床から露出配管で立ち上がっており、掃除もできない・・という奥様のご不満がありましたので・・

造作して、配管スペースの中に配管やコンセントを。洗濯パンも新設しましたが、これ、かなり大変な施工となりましたが、設計通りに施工できて本当にうれしかった箇所です♪

タッチレス水栓ですので、ご家族であってもインフルエンザやノロウィルスなどの菌の感染予防にも一役買いそうです。

とどめに、天井の照明には、ライティングレール+LEDスポットで、さらにショウルーム感を演出♪

最高級グレードのシステムバスルームに負けない、洗面ルームが完成しました!

 

『ショウルームみたいにリフォームを!?』【浴室編】

ご紹介にて水まわりの大改造リフォームをご依頼頂きました、西区のT様邸。

パナソニックのショウルームを見学に行かれた際に、お気に入りのバスルームと洗面化粧台をご覧になられて、『わが家のバスルームを、ショウルームにリフォームして欲しい・・・」というシンプルなご要望でした。

工事前の在来工法のバスルームは、とても広く、24Hふろ、ジェットバス、浴室乾燥暖房機など豪華な装備が採用されていました。この在来工法のバスルームをリフォームするにあたって問題となった点はいくつもありました。

まずは、ハウスメーカーさんが、大成建設ハウジングさんのパルコンでしたので、浴室の床・壁・天井のすべてが「コンクリートパネル」であること。

坪庭を望む「出窓」が低すぎてシステムバスルームがまともに納まらず設置できないこと…

他にもたくさんの難題を、綿密な施工計画と、職人たちの経験と技術でクリアーすることができました・・・

ついに、超ゴージャスなシステムバスルームが完成♪

浴室乾燥暖房機は、もちろんです。しかも、「ナノイー搭載」でカビシャット!

ヒノキ柄の天井にはフラットパネルLED照明。調光・調色が出来て、まるで天窓のようです。

浴槽には、オイルヴェール美泡湯!

ダブルカウンター照明でリラックスした雰囲気に・・・浴室テレビは大画面の16Vです!

ショウルームみたいなバスルーム、完成です!

『幸福の黄色いキッチン』

ご紹介にて工事させて頂きました、早良区のM様邸です。

今回のリフォームは、ご高齢のご夫婦が営まれていた、クリーニング店の1階の店舗部分です。

ご商売をされていたので、店舗兼住居には1階にキッチンとトイレが。

お風呂・洗面所や居間、寝室は全て2階での生活を余儀なくされていました。

そこで今回のリフォームは「2階から1階に全ての居住スペースを移す。」というご依頼内容です。

こちらが工事前の1階の店舗部分です。

店舗スペースの奥には・・

4畳半の台所にある古い流し台と・・

ドアの目の前に便器がある⁉︎  とても狭いトイレがありました。

 

リフォーム計画は、北側に水まわりを、リビング兼寝室を中央へ配置して、玄関側に応接スペースを確保することに…

いよいよ大改造リフォームの着工!

まずは、内部のほとんどを解体→解体→解体して・・

着工から、約3週間、大工による造作木工事がつづきました・・

もともと台所だった場所は、浴室(システムバスルーム)へ改修。

2階にあったお風呂は、浴槽のまたぎが高い、小さな浴槽でしたが・・・

1坪のシステムバスルームに!台所の出窓が、バスルームの出窓へ変身しました~♪

浴室暖房や手すりもついて、片引き戸を採用の、バリアフリーのお風呂にリフォーム。

元々、洗面所は2階にしかなく、お湯も瞬間湯沸かし器だったようです・・

洗面所も1坪のスペースを確保して洗面化粧台と洗濯機スペースへ改修。

洗面化粧台は、TOTOの『座ってラクラクシリーズ』を採用。

座ってゆったり使え、足元がひろびろなので、車いすでの使用でもラクラクです!

勝手口の上にあったランマ(小窓)は洗濯機上部の窓に再利用して採光性を確保。

階段下にあったトイレも狭かったので、車いすでの生活もできるように・・・

1坪のスペースを確保。洗濯流しも設置、換気扇も新設。

バリアフリーといっても、いかにも介護リフォームみたいにならないように、お洒落なトイレ空間になるように配慮しました。

浴室・洗面所・トイレの広さを全て1坪(2畳)スペースとし、開口部(引き戸)でつながげることで、看護や介護にも対応できるようにしています。

この間取りへ変更するために、柱を撤去したり移設したり、梁の補強などを行う大改修となりましたが、そのおかげで、理想的な水まわりのスペースが完成しました。

工事前、廃業された店舗部分だったスペースは、LDK兼寝室へリフォーム。

こんなに広々したLDKへと生まれ変わりました~!

工事前、店舗の入り口側を望むとこんな感じでしたが・・

小さなかわいい黄色の対面キッチンとリビングにリフォーム!

この間仕切り壁には絶対に取れない柱が2本ありましたので、クローゼットと収納棚へ造作することに。

こんな感じ造作…収納棚の背面壁だけアクセントのクロスを張りました。

元々は、店舗の出入口と接客スペースだった場所は・・

玄関と、応接スペースへリフォーム。

床までの高さがかなりあるので、内玄関に階段と手すりを設置しました。

下駄箱とクロゼット(収納)を設けました。

玄関ドアを開けると、こういう感じになります。暗くならないよう、採光性を確保できるようにしました。

工事前の外観は、店舗の雰囲気が残っていましたのが…玄関ドア取り替えや、塗装によって、住宅っぽさを出すことが出来ました。大きなFIX窓にはフィルムを貼ったりと、なるべく予算を掛けないように計画しました。

今回のリフォームは、ご高齢のご夫婦の長年の夢であり、老後の毎日の生活を安全に快適に暮らせるように…ということがテーマでした。

お打合せの段階からリフォームプランや建材、内装の色柄などはほとんどオマカセだったのですが、奥さまから『キッチンは、この黄色にして欲しい…』と、ただ1点だけ、変更を行いました。

それはきっと、長年連れ添ったご夫婦がリフォーム後のご自宅で、仲良く、楽しく、お元気で暮らせる、『幸福の黄色いキッチン』となることでしょう…

手前味噌ですが…

今日から、西区の水まわり大改造リフォーム工事を着工。

もの凄い大豪邸の手強い施工ばかりですから、気合い十分です!

メインは、浴室・洗面所のリフォームなのですが、大成建設さんのパルコンなので、床・壁・天井の全てがコンクリートパネルですから大変!

リフォーム工事では、一番難儀なシリーズです。

浴室の天井も、こんな感じにコンクリート。

解体する前に、図面などを頼りに想定していますが、やっぱりドキドキです…

洗面所の壁も、廊下側以外は全てコンクリートパネルの壁…

配線やら、新しいスイッチはどうするの⁉︎

そこは、当社の企業秘密なので、教えられません(笑)

事務所に戻り、月曜日にお引渡し予定のお客様宅の残工事のクロス貼りへ。

道路沿いの窓ガラスに、フィルムも貼ってくれました。

高校の同級生の迎田くんが、夜の11時まで頑張ってくれている姿を見学しながら、人のつながりの大切さを身に沁みて感じました…

創業時から14年間、内装工事の業者は彼だけでやってこれたのも、こういう場面で気付かされます。

手前味噌ですが、本当にうちの職人たちは凄いやつらばっかりですゾ!

 

屋根の塗装したら、雨漏れした⁈

西区内浜のH様邸の屋根・外壁の塗装リフォーム工事です。

さて、彼はスレート(コロニアル)の屋根になにをやっているのでしょうか?

黒い部材をたくさん配っています。

屋根材のスキマに挿入しています。

最後は、奥までしっかり挿入してます。

黒い部材をはめたまま、シーラー(下塗り材)を塗り、

中塗り→上塗り…と、すすみます。

実は、屋根の塗装リフォームをしたが為に、『雨漏れ』が発生することがあります。

えっ〜〜!

って思うかもしれませんが、本当です。

先ほどの屋根のスキマに挟んでいたのは、屋根の塗装での“縁切り”をするためです。商品名は『タスペーサー』といいます。

台風などの大雨が降ったときには構造上屋根材の下の防水シート(ルーフィング)の上まで入り込むものなのです。
ですから入った雨水をどうやって排出するかが大切なのです。
“縁切り”が必要なスレート(コロニアル)屋根材は、重なり部分にスキマがあり、このスキマは屋根材の下に雨水が侵入した際に外へ排出します。

しかし屋根の塗装をすることでこのスキマを塗料でふさいでしまいます。

すると、雨水の逃げ場がなくなるので、屋根材の裏側に水溜りが出来ます。

その結果、屋根下地(構造用合板)の腐食、ひいては雨漏れに繋がるのです。

かと言って、昔のようにカッターでそのスキマに入った塗料を切って“縁切り”することは、とてつもない手間がかかるので、知らん振りをして塗装だけ行う施工業者が後を絶たず、結果、スレート(コロニアル)の屋根を塗装したが為に、雨漏れした…

という事態が、相次いだのです。

ですから、この『タスペーサー』という部材を、塗装する前に、屋根材のスキマに挿入して、付けっ放しで塗装を行うことが、今どきの正しい屋根の塗装リフォームの施工なんです。

ちなみに、一般的な住宅では、タスペーサーを600個〜800個ほど使います。

タスペーサーの材料代は、15,000〜20,000円。

人件費は、約半日がかりで、タスペーサーの挿入作業を行ないます。

つまりは、見積り金額としては、約30,000〜40,000円になります。

もし、塗装リフォームの見積りに、『縁切り部材取付工事』という項目がなかったり、『サービスでやりますから!』っていう業者には、気をつけてください。

お客様の屋根の為に、一番大切な工事が、

『タダ⁉︎』っていうのは逆に怖い話しと思いませんか?

あちらこちらで。

めっきり涼しく秋らしくなってきました。

本日は4件の現場でそれぞれの工事を…

西区内浜の屋根・外壁塗装の現場では、高圧洗浄を。

屋根を洗って…

不具合箇所は、補修して…

外壁や軒天を洗って…

ついでに化粧ブロック塀も洗って…

南区では、トイレの手洗いカウンターのコーティング施工を行ないました。

⬆︎ こちらがビフォ→(施工前)

⬆︎こちらがアフター(施工後)

お客様が気にされていたボウル上部の黒ずみも取れ、手洗いカウンターを取替えることなく蘇り、お客様にもご満足頂きました〜♪

早良区有田の大改造リフォームの現場に、玄関ドアが取付きました。

内部は新築同然に生まれ変わってきました。

内装工事にも入り、仕上げの段階へ突入。

中央区舞鶴のマンションのリフォーム現場は、今日から着工。解体しました〜

約35年前のマンションを解体すると、思わぬ構造や工法にびっくりしますが、想定の範囲内(-。-;

ユニットバスも、1216サイズから1316サイズへ広げることが出来そうです。

工事スタッフ〜忙しいこの秋をみんなで乗り切るゾ〜〜!