バルコニーへのウッドデッキタイル貼り

IKEAで購入して、半年ほど放ったらかしにしていたウッドデッキタイルを、やっと自宅のバルコニーに貼ることに…

我が家では、いつも自宅のことは後回しになので、

嫁:『この辺に、いいリフォーム屋さん知らん?』

私:『いや〜、知らんね…』

という、夫婦のミニコントがよく行われています。

まずは、エアコンの室外機の下から。こちらは、先に3×3枚を組み合わせてから敷き込みます。

あとは、縦列か、横列のどちらかから順番に組み合わせて行き…

端っこの部分だけは、丸ノコで切り落として貼ります。(写真の一番、奥ですね。)

ありゃりゃ〜… 6枚材料が足りませんでした💦

皆さん、DIYのリフォームはちゃんと現場で寸法を測ってから材料を購入しましょう!

キッチン・スタジオがOPEN!

今日は、朝から九州電力(株)西営業所に4/1にオープンする『キッチン・スタジオ』の見学会へ行って来ました。

ホームアドバイザーさんは7名も!

出ました! ガスコンロ vs. IHクッキングヒーターの比較マシーン。湯沸かしの時間、輻射熱、鍋の温度

加熱時間や水温はもちろん、鍋や鍋回りの輻射熱をサーモグラフィーで見ることができます!

最新のIHクッキングヒーターの御三家(パナソニック・日立・三菱)の3機種の違いも実機で比較出来ます。

日立のラク旨グリルで作った、アクアパッツァや、焼きたてのパンなど、IHで作ったお料理を色々頂きました〜

超簡単に出来て、美味しく頂きました。

みなさん、姪浜駅のすぐそばにある、九州電力の西営業に4/1オープンする『キッチン・スタジオ』へぜひ遊びに行かれては。

 

リフォームでベタ基礎に⁉︎

春らしい天気になってきましたね🌸

個人的には春🌸が一番好きな季節です。今年の春はまわりで沢山のうれしい知らせを聞いて、まるで自分ごとのように、とても晴れやかな気分です。

さて、大改造リフォームのためにすっぽんぽんに、解体されたY邸ですが、軽量鉄骨造といううこともあり、布基礎でした。(コンクリートの基礎は立ち上がり部分だけで、底面は地面)

そこで今回のリフォームで『ベタ基礎』を打つことに。

防湿シート→ワイヤーメッシュ筋を敷設して…

 

生コン 車と、ポンプ車が到着!

家が建っているので新築と違い、天気の心配は全く要らないのに、快晴です(笑)

生コンを流していきます。

 

コンクリートの上厚みは、約10cmとしました。

ベタ基礎打ち完了!

ベタ基礎のメリットは…

◉面で荷重を逃がすので、不同沈下(液状化)に強い。

◉薬剤土壌処理と同レベルのシロアリ対策に。

◉地面(土)と比べて湿気が上がりにい。

などなど、あります。

今日は、ここまで〜(* ‘ー’)ノ

 

マンション大改造リフォーム、着工。

春日市のマンションの大改造リフォームを着工しました。

職人が総勢11名で解体、撤去、搬出、積み込みです。

キッチンも無くなりました…

ユニットバスも解体…もちろん、トイレや洗面所の水回りは全て。

洋室の2部屋以外は、全て施工範囲です。

和室をリビングにする為に、解体。

解体後の掃除は完ぺきに。

何度も現地調査とお打合せを重ねていますので、想定外のこともなく、解体できました。

解体してみたら…こんなことになってたから⁉︎

『変更・追加になりますので…』みたいなことにはなりたくないですからね〜

もちろん、そういうリスクは付きまといますが。

午前中はわたしも解体作業をしてましたが、作る技術もありますが、早く、上手に壊すのも技術が要りますね〜

明日からは、つくります♪

養生8分。

“腹八分”というは、少し控えめに…という意味でしょうが、リフォーム工事は、“養生が八分”です。

つまり、養生がきちんとなされているということが、施工の品質や、仕上がりなどを80%くらい象徴してるということなのです。

本日は、明後日から始まるマンションのリフォーム現場へ3人で養生作業へ。

エレベーター内部の養生、バッチリ。

養生も工事のひとつ。

仕上がりが綺麗じゃないと、ダメです。

手すりなどの付帯物は、すぐに取り外せる養生を…

エントランスも台車などで傷を付けないように、ブルーのベニヤで養生します。

写真では分かりづらいですが、エレベーター横の壁にもプラベニヤで養生して、材料などを立て掛けた時に傷が付かないように…

また、近隣への告知やご挨拶も、苦情やトラブルを防ぐ、養生のひとつと考えております。

さぁ、明後日から気合い入れて、工事に掛かりましょうか❗️

 

がっつり、リフォーム。

解体を始めて2日目の早良区Y様邸。

2日目は、壁や床や階段も全て、解体。屋内は鉄骨の柱が3本だけとなりました。

築40年経つ軽量鉄骨造の住まいです。

地面だけみると、遺跡発掘現場みたいになってます(笑)

奥に見える、浴室やトイレの基礎ブロックもいずれ解体します。

この鉄骨の柱3本だけを残しての大改造リフォームです。この後、地面にコンクリートを流し込んで、『ベタ基礎』にする計画です。

完成イメージは、こんな感じですかね♪

断熱改修はもちろん、お風呂と洗面所は0.75坪→1坪へ、壁付けI型のキッチンは、対面キッチンへ。階段の勾配は緩やかに架け替えて、収納はたくさん、無垢材の床を採用したおしゃれな建築で、尚且つコストを抑える…というのリフォーム計画なのです…(汗)

叶えます! 現場スタッフ、みんな頑張るぞ〜〜!

 

大改造リフォームの着工|福岡市早良区Y様邸

今日から早良区四箇のY様邸の大改造リフォーム工事を着工しました。築40年の軽量鉄骨造の内部は、大幅な間取り変更などを伴い、ガラッと生まれ変わります。

まずは、総勢7名で解体開始!

まさに、大改造ビフォ→アフターの世界です。

キッチンを解体…

軽量鉄骨造の柱や筋交いが姿を現しましたが、入念な現地調査のおかげで想定済みです!

 

ユニットバスも綺麗に空っぽに…

ちなみに、赤線の範囲は洗面所でした…壁という壁は解体され、明日からは床という床が解体されます。

なんと、階段も外して架け替えをします。

階段も丸裸に…(*≧艸≦)

今日は、ここまで〜解体工事、お疲れ様でした!

明日からも解体作業は続きます。

建築法規の勉強会へ

お取引先が主催の、建築法規の勉強会に当社スタッフも参加させていただきました。

リフォーム工事においても、法規的なことの知識がなければ、違法な建築工事などではお客様に多大なご迷惑をおかけすることになります。

施工の管理者と、新人営業の2人が午後から夕方まで、みっちり講義を受けてきたようです。

現場でのリフォーム工事のご提案や施工計画に役立つように、何事もまずは“教育”から。

対面キッチンにリフォーム。|福岡市南区野多目S様邸

お得意様のキッチンをなるべく予算を抑えての対面キッチンにリフォーム。

 

工事前のL型のキッチンを…

解体します。

床のフローリングを上貼りして、対面キッチンの袖壁・腰壁を造作して…

対面キッチンが完成!

今回はお客様のご要望で、ウォールキャビネットや壁のタイルは解体せずに、リフォーム。カップボードは家具を購入にてコストを抑えることに💡

昔、当社でご購入頂いたIHヒーターは既存機の再利用です。壊れるまで大切に使って頂くのも、エコですからね。

あえて、グレー色の壁紙がいい感じです♪

キッチンはパナソニックのラクシーナ。

ほっとクリーンフードや、ビルトイン食器洗い乾燥機など、予算を掛けるところは掛けて、抑えるところは抑える…リフォームのお手本です!

古くなった、リビングドアも…

新しく取り替えました。

LDKのリフォームと同時に、外壁塗装のリフォームも工事させて頂きました。S様のお住まいのリフォーム、いつも当社にお任せ頂き、感謝しております!

 

人工木材のウッドデッキ工事|福岡市早良区S様邸

お得意様宅のお庭にある「濡れ縁」を撤去して、ウッドデッキをつくる工事をご依頼頂きました。

もちろん、木製ではなく、いまどきは「人工木(樹脂製)」デッキですね。

ホームセンターなどに売ってある、SPF材だと塗装を施しても、10年持てばよかった程度の耐久性でしたが、最近はもっぱら「人工木材」のウッドデッキが主流になりました。

「人工木材」は、リサイクル材の樹脂と木粉を使用した環境配慮商品でもあるのです。

工事前の濡れ縁です。

まずは、既存の「濡れ縁」と「エアコンの室外機」を撤去して・・

基礎石と束柱を立てていきます。

その上に「大引き」と呼ばれる土台を取付けて・・

その「大引き」にデッキ材(床板)を固定していきます。木製のデッキと違い、床板にビスが無いのが良いですね♪

完成しました~! ウッドデッキは、LIXILの「樹ら楽ステージ」という商品です。床板の色は、クリエモカAをお選び頂きました。

エアコンの室外機も移設して、立派な「階段」も取付けしました~

間口が約3m、出幅が1.8mありますので、広々したウッドデッキが完成。夏はBBQもできる広さです。

Sさま、いつもありがとうございます。