カテゴリー別アーカイブ: スタッフブログ

がっつり、リフォーム。

解体を始めて2日目の早良区Y様邸。

2日目は、壁や床や階段も全て、解体。屋内は鉄骨の柱が3本だけとなりました。

築40年経つ軽量鉄骨造の住まいです。

地面だけみると、遺跡発掘現場みたいになってます(笑)

奥に見える、浴室やトイレの基礎ブロックもいずれ解体します。

この鉄骨の柱3本だけを残しての大改造リフォームです。この後、地面にコンクリートを流し込んで、『ベタ基礎』にする計画です。

完成イメージは、こんな感じですかね♪

断熱改修はもちろん、お風呂と洗面所は0.75坪→1坪へ、壁付けI型のキッチンは、対面キッチンへ。階段の勾配は緩やかに架け替えて、収納はたくさん、無垢材の床を採用したおしゃれな建築で、尚且つコストを抑える…というのリフォーム計画なのです…(汗)

叶えます! 現場スタッフ、みんな頑張るぞ〜〜!

 

オール電化にして良かった♪

先ほどのエコキュートの工事と同時に、IHクッキングヒーターの工事を。一日でオール電化にリフォーム。

但し、せっかくオール電化にしても、やっぱりガスの方が良かった…なんてことにならないように、昔はIHクッキングヒーターの工事後には、必ず食材を持って、エプロンをして実演しながらの『取り扱い説明』を行なってました。

今回、新人君の為にも…ということもあり、10年ぶりに食材を持って、調理実演をしながらの取り扱い説明へ。

長年、ご使用されてきたガスコンロですが…

今日からIHクッキングヒーターに。

実際にお客様にお料理をしてもらいながらの取り扱い説明なのですが、まだIH対応のフライパンがなかったので、お鍋でピラフを作ってもらいました(笑)

はい、パラパラのピラフが完成♪

トッププレートにお皿を置けるというのもポイントです。

続いて、グリルで、“塩サバ”を自動メニューで焼きます。Panasonicの『ラクッキング』なんで、調理中も庫内が丸見え!

はい、完成♪

外はパリッと、中はジューシー♪

塩サバ焼いた後に、ワザとグリル皿を洗わずに、続けて“手羽先の塩焼き”を…なのに⁉︎魚臭さが残らないのを体験してもらいます。

はい、完成♪

美味しい手羽先の塩焼きが!

いまどき、工事後に食材を持って、取り扱い説明に行く業者などいないのでしょうが、こんな時代だからこそ、初心に帰ってみようと…

これからも『オール電化にして良かった♪』というお客様がひとりでも増えますように…

壁面をホワイトボードに。|福岡市西区O様邸

まだ新しいお住まいですが、以前からお世話になっております西区のO様より、

子供が落書きしたり、予定を貼ったりできるように、階段の部分の壁面に「ホワイトボード」みたいにリフォームできますか?とのご相談を受けました。

階段のある斜めの壁面にホワイトボード(マグピタボード)を張ることにしました。

まずは、養生して、壁のクロスをキレイに剥がして・・

マグピタボードを、両面テープと専用のボンドで施工します。

要は、キッチンパネル張り工事と同じ要領ですね。

下の面から張っていきます・・

斜めの壁ですので、加工や採寸が大変です。上の方まで張っていき・・

完成しました~♪

早速、お子様が落書きを!

もちろん、マグネットも引っ付きます。

「マグピタボード」キッチンパネルにも、事務所にも、リビングにも、いろんな壁に使えますよ~!

イベント大盛況でした!

先週末の西部ガスでのリフォームのイベント(展示会)にはたくさんのお得意様や新規のお客様に、ご来場いただき、大盛況に終えることが出来ました!

16社の工務店が参加、日曜日は雪混じりの悪天候にもかかわらず、今年もたくさんのご来場ありがとうございました!

今回の目玉は、クリナップの最高級キッチン『セントロ』…目の保養になりました(笑)

うちの重松と浜地がガスコンロを…

デンヒチ様、メーカー様並びに関係者の皆様、大変お疲れ様でした〜

お見積りのご依頼もたくさん頂きましたので、春に向けて忙しくなりますよ~!

“e-住まいる福岡”へ行こう!

先週、九州電力の新館1階にオープンしたばかりの、九電『e-住まいる 福岡』にセミナーの受講と施設の見学へ。

 

九州電力のショウルームだから、結局は、オール電化の施設やろ…などと思いきや…

なんと!施設の半分は、住まいのとっても大切なことが、超わかり易いショウルームやん!

その辺の住宅展示場のモデルハウスを見に行けば、各ハウスメーカーから、あの手この手で売り込みに会うので、ここなら安心♪

だって、九州電力の施設なんで、一切、商品の販売がないとです(ノ≧∀)ノわぁ〜い♪

また、施設の半分は、最新の家電品や最新の設備機器の展示と体験コーナーに!こんな施設、ヨドバシカメラでも無いやろ⁈

最新の掃除機だけでもズラリ…全て使用可能。

お掃除ロボットのルンバみたいなのも8個くらい比較できて、立場がメーカーでは無いので、ガチなレビューを聞くことが出来ます(笑)

プロとして、色々なメーカーのショウルームや施設を知っていますが、で新築やリフォームをご検討中のお客様は、絶対に行くべきと思いました。

渡辺通りの九州電力の1階ですので、南天神に行かれた際は、ぜひとも寄ってみてください。

対面キッチンにしちゃいました!|糟屋郡志免町T様邸

ご紹介にてキッチン・洗面所のリフォーム工事のご依頼を頂きました、糟屋郡志免町のT様邸。

現地調査の際に抱えた問題をクリアーするために、ひねり出した、対面キッチンプランです。

ミサワホームさんの鉄骨造(外壁ALCパネル)ということもあり、設計や施工計画には色々な問題がありましたが、何とか設計通りに完成しました♪

それでは、早速、工事の様子を・・

間口260cmのI型のキッチンは、よく見ると鉄骨の柱型の前に設置してあることが判明。

しかも、既存の換気扇(プロペラファン)は高さが低すぎて、新しいシステムキッチンの換気扇の取付が困難な状態でした。さらに、ミサワホームさんのセラミック外壁(ALCパネル)に新規に開口を開ける工事などは避けたいところ・・

今のキッチン側ではなく、対面側にはカウンター式の家具や冷蔵庫が置かれていましたので、ここにキッチンを据えることで、対面キッチンにしましょう!というご提案へ。ただし、冷蔵庫の横にある「袖壁」が狭かったので奥行60cmのシステムキッチンをご提案。背面の既存のキッチン部分へカップボードを・・最近のキッチン・リフォーム成功の〝コツ”は、カップボードも含めてキッチンとみなすこと。ウォールキャビネットが無い対面式のキッチンだけでは、収納も足りず、調理家電(電子レンジ・炊飯器・トースター・電気ポット)なども含めて計画することが重要です。

もちろん、カップボードの分、予算は増えますが、間違いなく最近のキッチンリフォームでは必須の項目です。

着工、まずは既存のキッチンを撤去。案の定、鉄骨の柱が姿を現しました。問題は、ALCパネルの外壁に頼らずにカップボード部分の下地の壁を造作することでした。

問題だった換気扇は、ダクト配管を天井経由で立ち降ろして、既存の換気口へ・・計画通りに施工できました~♪

大工が、キッチンが据えてあった部分の床を張って・・

給排水を床下から移設して、ガスからIHへの電気配線、大工がカウンターを造作・・

対面キッチンが完成!なんと、間口は285cmもある大きな対面キッチンです!

キッチンだった壁面にあった柱型をカップボードと冷蔵庫の仕切りとして上手く利用しました。

 

工事前は冷蔵庫やカウンター収納があったところに・・

奥行60cmのシステムキッチンがギリギリ納まりました!こういうリフォームの現場で活躍するのはPanasonicのキッチン「リフォムス」です。あらゆるリフォーム現場に柔軟に対応してくれます。

キッチンだったところは・・

カップボードと冷蔵庫スペースへ生まれ変わりました。

カップボードは奥行が45cmあるので、奥の物を取出しにくいので、左側にある回転アミかごはとても便利ですヨ。

今回、ガスからオール電化へもお切替いただいたので、ガス給湯器もエコキュートへ。

見えない配管の納まりや、仕上がりも抜かり有りません!

洗面化粧台もミサワホームさんのオリジナルで奥行45cmの珍しいタイプでしたが・・・

ご主人様がぴったりの洗面化粧台をお探しされました!奥行45cmの洗面化粧台です。

工事が終わって、奥様から「実は、他業者にも相見積もりのはずだったのが、エコテックスさんが最初に来て、ホームページ見て、主人が他の業者を全て断ったんですよ・・」というお話しをお聞きしました。

工事終わりにこういうお話しをお聞きして、とても嬉しく思いました。

T様、リフォームプラン通りに工事を終えて、わたしが一番ほっとしています。

今後は、オール電化になったことで光熱費が安くなるのも楽しみですね♪

また、よろしくお願い致します!

リフォーム工事の地鎮祭。

今日は、朝から当社の職人さんが購入した中古物件の地鎮祭を行ないました。

工事の規模やお客様のご要望にもよりますが、リフォーム工事でも、地鎮祭を行うことがあります。特に中古物件の一戸建てに多いですね。

地元の神社の神主さんに来てもらい、御祓いをしていただきました。

築40年近い建物を、ほとんどガッツリ、リフォームします。

もろに、見えている鉄骨造の抜けない柱が、リフォームのプランに立ちはだかりますが、何とかします!

まぁ、自分の会社の職人さんから仕事を頼まれるというのは、元請けとして誇らしく思います。

バッチリ、リフォームを完成させますゼ!

マンション・リフォーム/福岡市博多区Y様邸

築35年のマンション。あちらこちらに段差があるので解消して、暮らしやすくしたい。
ご夫婦が安心して快適で安全に暮らせるように、段差解消や建具交換、収納造作や、内窓設置などのリフォームをさせて頂きました。

廊下とリビングにあった10cmの段差を床上げしました。

和室とリビングをひとつの部屋に…畳を床上げしてフローリングへ、戸襖を3連引戸へ交換。

 

こんなに広々とした空間に生まれ変わりました♪

和室の押入れは、クロゼットへ改修。

クロゼットの建具も『3枚連動引き戸』なんで、開口が大きく取れます!

引き違い+FIX(嵌め殺し)の窓サッシは、結露がひどいとのことでしたので…

内窓を取付けました!

リビング側からは、こんな感じでしたが…

こうなりました〜床置き工法で床を10cmかさ上げして、直貼りフローリングを貼りました。

今回一番、難儀だったのがこのキッチン。換気扇はターボファンで角型ダクトで、しかもダクト開口位置が低い…

解体してみると、誰も見たことがない管種の排水管が出てきたりしましたが…

あえて、コンロとシンクの勝手を変更することで解決しました。(´Д`ι)アセアセ

コンパクトなキッチンだからこそ、なるべく収納部は大きく。

コンビネーション・パレット(仮置き棚)もご採用頂きました!

ターボファンから、スマートフードⅡへ。

IHクッキングヒーターは、15Aの低電圧対応の2口タイプ。

スキマレスシンクで、楽々洗いもの♪

古くなっていた洗面所・ユニットバスも…

こんな感じに新しくなりました〜

 

段差が解消されたリビングドアは、可愛い建具にお取替え♪

Y様、イメージ通りのリフォームとなりましたでしょうか?

工事にあたっては、現場での寸法ミスや管理不足などの、至らぬ点も多々ありましたこと、工事関係者を代表してお詫び申し上げます。今後共、末永いご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

秋のエコ・リフォーム現場。

久しぶりのブログです。

8月〜9月、にたくさんのご契約を頂き、エコテックスの秋のリフォーム現場は大忙し!

 

博多区のマンションのリノベーションの工事は約1カ月の大改修…

筑紫野市美しが丘では、弊社のお家芸的な、オール電化工事を…

糸島市では、住宅に10KW超えの太陽光発電システムの工事を…

早良区田村では、内窓のリフォームを。

防音対策+断熱効果が、素晴らしい!

西区横浜では、お風呂のリフォーム工事に…

たくさんのお仕事を頂き、おかげさまで現場は大忙しです!

工事関係者、頑張るぞ〜!

『幸福の黄色いキッチン』

ご紹介にて工事させて頂きました、早良区のM様邸です。

今回のリフォームは、ご高齢のご夫婦が営まれていた、クリーニング店の1階の店舗部分です。

ご商売をされていたので、店舗兼住居には1階にキッチンとトイレが。

お風呂・洗面所や居間、寝室は全て2階での生活を余儀なくされていました。

そこで今回のリフォームは「2階から1階に全ての居住スペースを移す。」というご依頼内容です。

こちらが工事前の1階の店舗部分です。

店舗スペースの奥には・・

4畳半の台所にある古い流し台と・・

ドアの目の前に便器がある⁉︎  とても狭いトイレがありました。

 

リフォーム計画は、北側に水まわりを、リビング兼寝室を中央へ配置して、玄関側に応接スペースを確保することに…

いよいよ大改造リフォームの着工!

まずは、内部のほとんどを解体→解体→解体して・・

着工から、約3週間、大工による造作木工事がつづきました・・

もともと台所だった場所は、浴室(システムバスルーム)へ改修。

2階にあったお風呂は、浴槽のまたぎが高い、小さな浴槽でしたが・・・

1坪のシステムバスルームに!台所の出窓が、バスルームの出窓へ変身しました~♪

浴室暖房や手すりもついて、片引き戸を採用の、バリアフリーのお風呂にリフォーム。

元々、洗面所は2階にしかなく、お湯も瞬間湯沸かし器だったようです・・

洗面所も1坪のスペースを確保して洗面化粧台と洗濯機スペースへ改修。

洗面化粧台は、TOTOの『座ってラクラクシリーズ』を採用。

座ってゆったり使え、足元がひろびろなので、車いすでの使用でもラクラクです!

勝手口の上にあったランマ(小窓)は洗濯機上部の窓に再利用して採光性を確保。

階段下にあったトイレも狭かったので、車いすでの生活もできるように・・・

1坪のスペースを確保。洗濯流しも設置、換気扇も新設。

バリアフリーといっても、いかにも介護リフォームみたいにならないように、お洒落なトイレ空間になるように配慮しました。

浴室・洗面所・トイレの広さを全て1坪(2畳)スペースとし、開口部(引き戸)でつながげることで、看護や介護にも対応できるようにしています。

この間取りへ変更するために、柱を撤去したり移設したり、梁の補強などを行う大改修となりましたが、そのおかげで、理想的な水まわりのスペースが完成しました。

工事前、廃業された店舗部分だったスペースは、LDK兼寝室へリフォーム。

こんなに広々したLDKへと生まれ変わりました~!

工事前、店舗の入り口側を望むとこんな感じでしたが・・

小さなかわいい黄色の対面キッチンとリビングにリフォーム!

この間仕切り壁には絶対に取れない柱が2本ありましたので、クローゼットと収納棚へ造作することに。

こんな感じ造作…収納棚の背面壁だけアクセントのクロスを張りました。

元々は、店舗の出入口と接客スペースだった場所は・・

玄関と、応接スペースへリフォーム。

床までの高さがかなりあるので、内玄関に階段と手すりを設置しました。

下駄箱とクロゼット(収納)を設けました。

玄関ドアを開けると、こういう感じになります。暗くならないよう、採光性を確保できるようにしました。

工事前の外観は、店舗の雰囲気が残っていましたのが…玄関ドア取り替えや、塗装によって、住宅っぽさを出すことが出来ました。大きなFIX窓にはフィルムを貼ったりと、なるべく予算を掛けないように計画しました。

今回のリフォームは、ご高齢のご夫婦の長年の夢であり、老後の毎日の生活を安全に快適に暮らせるように…ということがテーマでした。

お打合せの段階からリフォームプランや建材、内装の色柄などはほとんどオマカセだったのですが、奥さまから『キッチンは、この黄色にして欲しい…』と、ただ1点だけ、変更を行いました。

それはきっと、長年連れ添ったご夫婦がリフォーム後のご自宅で、仲良く、楽しく、お元気で暮らせる、『幸福の黄色いキッチン』となることでしょう…