カテゴリー別アーカイブ: キッチン

大改造リフォーム【玄関~水まわり編】|福岡市早良区田村Y様邸

大改造リフォームの現場の『玄関~水まわり編』です。

工事後は、まるで新築、いや新築以上の素敵なお住まいにリフォームできました。

工事前>工事後の図面です。お風呂・洗面所・トイレの位置や、階段まで変わっています。

まずは、玄関のドアから・・・

ん~・・築年数を物語る、玄関ドアとタイルですね・・

玄関ドアの位置の少し移動して・・

玄関ドアを取り替えて、玄関廻りには「細割りボーダー」のタイルを貼って・・

土間のタイルも張り替えますが、外構工事はお預けです。

工事前の玄関を開けると、こういう感じでしたが・・

こんなに素敵な、広い玄関ホールになりました~♪

玄関ホールから玄関ドアを望むとこんな感じでしたが・・

こんな玄関に!間取り変更をしたことで可能になったリフォーム・プランならではです。

シューズ・クロークもついて、窓もあるので明るいんですー。

ちなみにこの窓は、工事前の浴室の窓を移設して取替えました。

玄関の壁には、エコカラット(グラナスルドラ)を全面貼って、間接照明を仕込んで・・お洒落です!

玄関のすぐ横は・・

トイレになっています。

工事前のトイレは、場所も移動しました。

工事後は、こんなに清潔感のあるシンプルなトイレに。

オリジナルの無垢カウンターに小さな手洗い器を。

壁には、エコカラット(スプライン)を。

あえて、クッションフロアーではなく、無垢の床材を張りました。

決して広くないトイレでしたので、無垢材のカウンター材は斜めにカットして極力狭くならないように配慮を。

工事前の洗面所です。浴室も洗面所も0.75坪で狭いので、浴室・洗面所の位置を大幅に変更して1坪にすることが可能になりました。

洗面所もこんな感じにリフォーム・・床のフロアタイルと床下点検口の色が合わなかったので、後で交換することに・・

洗面ボウルは、サンワカンパニーのカナルグランデ80という製品です。

壁給水・壁排水にして、足元スッキリ!

三面鏡のキャビネットは壁厚に埋め込んで、スッキリ!

工事前の浴室です。

1坪のバスルームになりました~浴室にも内窓を取付て断熱対策を。

浴室・洗面所共に1坪へ変更することで、大幅な間取り変更を伴いましたが、お施主様の強いご要望でしたので、とてもご満足いただきました~

水まわり編はここまで!

大改造リフォーム【LDK編】福岡市早良区田村Y様邸

中古物件の大改造リフォームの現場がついに完成しました~!

築45年経つ、軽量鉄骨の構造だけを残し、なるべく外部をさわらずに内部の全面リフォームを手掛けました。施工範囲は、1・2階も含めて広い範囲になりますので、部屋ごとに分けてご紹介していきますね。まずはLDKのリフォームです。

工事前の台所+居間です。

白く塗られた、鉄骨の柱は以前(約20年前)のリフォームの際から露出しており、絶対に抜けない柱です。

内部は階段も含めて全て解体して、造作を行ないました。ベタ基礎を新しく打設して湿気対策や耐震性も向上させました。

LDKの完成です!床材は、無垢フローリング(メープル)を使用しました。

急な勾配の階段も、奥様のご要望で勾配を緩やかにして欲しい・・ということでしたので・・

ストリップ階段を使って、リビング側へ曲がりをつくり、勾配を緩やかにできました。

キッチンの対面カウンターは無印良品のスタッキング・シェルフを利用して造作。

集成材で造作したカウンターは、モールテックス®(MORTEX®)を塗り、モルタル調に仕上げました。

空っぽの状態はこんな感じで・・

四角いボックスのなかには無印良品のスタッキング・シェルフの収納パーツで自由に収納できます。

I型のキッチンと対面カウンターの高さの差をゼロにして、なるべくフラットな対面カウンターをつくりました。

カップボードなどは予算を抑えるためにお施主様にて家具店購入、ウォールキャビネットの代わりにアイアン製の棚受け+集成カウンターで吊り棚を造作しました。

キッチン奥には、奥様からのご要望だったパントリーを造作。ちなみに工事前このスペースは元お風呂場の一部でした・・

最初にご紹介した「抜けない鉄骨の柱」を”輻射熱式冷暖房システム”=エコウィンで上手く隠しました。

エコウィンに、モールテックス…

それこそ、エコ・テックスじゃないですか⁉︎

キッチン側から見ると、こんな感じ。鉄骨を黒色で塗り、エコウィンと一体化させることで、柱型を目立たなくさせました。

リビングの中央には壁掛けテレビを。その周りにはエコカラットを貼りました。間接照明も仕込んでいい感じですね。

階段の途中からの眺めはこんな感じです。無垢材のフローリングは節などがある「ラスティック・グレード」ですがいい雰囲気になりました。

最後のお引渡しの日には、工事関係者をお招きいただき、完成記念パーティーを催して頂きました。新しいお住まいで飲む、本物のビールサーバーでの生ビール…やっぱり飲みすぎました(笑)

宴会の後は、麻雀大会がはじまりましたーー(笑)

リビング編はここまで!

 

 

戸建てリフォーム|古賀市舞の里N様邸

ご紹介にてリフォーム工事をさせて頂きました、古賀市舞の里のN様邸です。

築25年経つ、セキスイハウスさんの軽量鉄骨造のお住まいです。

セキスイハウスさん、パナホームさん、クボタハウス(現サンヨーホームズ)さん、ダイワハウスさんなどの軽量鉄骨造のハウスメーカーさんのお住まいのリフォームはそれぞれに施工ノウハウが必要となりますので、知らない施工業者がリフォームを手掛けると、工事内容によっては大変なことになります。

例えばこちらの写真、20年前にお風呂のリフォームを手掛けた業者が、窓を取り付ける為に、Xのブレース(筋交い)をブチ切ってしまっています…(恐らく、解体後に筋交いが出てきたのでしょう。)

ハウスメーカー様のお住まいのリフォーム場合は、施工業者選びにはご注意ください。本当は家を建てたハウスメーカーさんにリフォームもお願いするのが、一番良いのですが・・・

さて、今回水まわりは、キッチン・浴室・洗面(1/2階)・トイレ(1/2階)、ガス給湯器の交換。

内装は、洋室の1部屋を除いて、クロスや床材を張替え、フローリングはコーティング施工。

建材は、トイレの建具交換や収納の造作など、多岐にわたってのリフォームとなりました。

工事前のキッチンです。

キッチンを解体して・・

給排水などを移設して・・

キッチンが完成!パナソニックのリフォムスというシステムキッチンです。奥行60cmに対応してくれます。もし、一般的な65cmの奥行きのシステムキッチンなら、勝手口の開口にかかってしまうところです(;≧д≦)

ガスコンロは、トリプルワイドです!3つ口が横並びなので、とっても使いやすいんですヨ~

トリプルワイド専用の「ほっとクリーンフード」です。コンロと連動して自動で換気できます。

ビルトイン食器洗い乾燥機は、ミドルタイプです。

真っ白な扉材に、グレー色のカウンター、いい感じです。

工事前のユニットバスは1318サイズと、とてもイレギュラーなサイズでかなり傷んでいました・・

さらに、既存の窓がかなり低い位置にあるため、新しい浴槽の方が高くなり、このままでは、施工不可となってしまいます。。

外から見ると、浴室のこういった窓でしたので・・

カバー工法にてこんな感じに窓を改修しました。弊社が良く採用する、「窓台嵩上げ工法」ですね。既存の窓を解体することなく窓サッシを交換できるので、コストが大幅に抑えることができます。

窓の問題もクリアしたので、新しいシステムバスルームの完成!

もちろん、バリアフリー仕様で段差解消。洗面所側の壁紙はアクセントの木目調に。

工事前の洗面脱衣所です。

何故か、新築時の洗面台は壁から7cm離れて設置してあり、嫌なスキマが出来ていました。

なるほど、窓にかかってしまうという設計ミスから出来たスキマだったようで、こんな感じに納めてスキマを無くしました。

洗面所も完成しました~

工事前の1階のトイレはこんな感じでした。

アクセントの柄入りクロスが華やかです~

背面の配管スペースがもったいないので、背面収納にしましょう。というご提案を。

パナソニックの背面収納は、間口が85cmまでしか対応していないのですが、現場の間口は88.4cm・・両側に1.7cmのスキマを出さないために、同柄の材料で造作して仕上げました。

この努力、お分かりいただけるでしょうか(涙)キレイに仕上がっています。

パナソニックの背面収納はこの扉部分に収納ができます。

上部のフラップアップの部分に、トイレットペーパーを12個入れれます。

また、トイレのドアの敷居には6cmの段差がありましたので、建具も交換することに。

工事前のトイレのドアです。

建具交換も完成!

こちらは、2階の洗面台です。

またしても、両側に8cmずつのスキマが・・こういうスキマは掃除機も入らないし、物を落としたりした時も面倒くさいスキマですので・・

スキマをゼロにして洗面台を取替えしました。かなりシビアな施工となりましたが(;’∀’)

両サイドにはキッチンパネルも貼って、スキマレスで洗面化粧台の設置が出来ました。

こちらは2階の工事前のトイレです。

便器交換と内装のリフォームが完成。

良く見ると、この壁紙のビニルクロスは、「スヌーピー柄」なんです!

最後に、LDKと玄関ホールと廊下のフローリングを、コーティング施工しました。

フローリングの張替えや、増し張りするのも良いのですが、解体費用や他の工事との予算の関係で費用をかけられない場合には、既存の黒ずんだ汚れや、古いワックスを剥離して、コーティング施工をすることで施工後は新築のようなキレイなフローリングに仕上がります。コーティングは汚れを弾くので黒ずみません。

Nさま、この度は、住まいながらのリフォームということで生活面も大変だったとは思います。

計画通りのリフォームの仕上がりとなりましたが、ご満足頂けたでしょうか。

今後共、末永いご愛顧を賜りますよう工事関係者一同、よろしくお願いいたします。

マンションリフォーム【水まわり編】|春日市 M様邸

春日市のマンション・大改造リフォーム現場の「水まわり編」です。

築29年のユニットバスは、1216サイズでしたが、入念な現地調査のもと、1317サイズへ拡張できました。これは、ご主人さんの「お風呂を広くしたい!」という強いご希望であったので、拡げることが出来てよかったです。

工事前のユニットバスは・・

こんな感じになりました!浴室の短辺・長辺ともに10cmずつ拡がるだけでもかなり違いますね。

パナソニックのバスルームの照明「フラットラインLED」なので、調色が可能です。こちらは、「昼白色」の状態。お掃除の時などはこちら。

こちらが、「電球色」の状態。ゆったりバスルームでくつろぐ時は、こちらと選択できます。

工事前、洗面所はこんな感じでした。

洗濯機と、洗面化粧台の位置を入替えました。

引き戸も交換して、ガラリ付きの扉としました。洗面化粧台の横に収納をご購入されるそうです。

ツインラインLEDが間接照明のような雰囲気を醸し出しています。

こういう工事の場合、古くなった「分電盤」を交換しないと、やたら古く見えますからね。

次は、トイレです。工事前のトイレは一度「リフォーム配管タイプ」へ取替えされていましたので、既存の便器の排水芯が不明でしたので、着工時に排水芯を確認し、結果排水配管も標準位置へ移設しました。

アクセントの壁のクロスは、サンゲツの「コロナ RE-2737」を張りました。

内装のクロスやクッションフロアーなど、すべて当社に「オマカセ」でしたので、お客様からダメ出しされないかと、ドキドキしましたが、喜んで頂けました!

玄関ホールから1段上がったトイレ前のスペースは、正面はキッチンへ抜ける通路で、右手には収納がありました。

開口だけで建具がなかったので、アウトセット上吊引き戸を新設。

キッチンへの通路は対面キッチンとなったために閉鎖。

余すことなく可動棚板を使って、収納室へと造作しました。

LDK、水まわりと、専有部分のほとんどのリフォームが完成。

たくさんのお打合せと現地調査を重ね、お客様のイメージに近いリフォームの仕上がりとなりました。M様、この度は大変お世話になり、本当に有難うございました。

マンションリフォーム【LDK編】|春日市 M様邸

春日市のM様邸のリフォーム工事が完成しました。

築29年経つ、マンションの専有部分のほとんどが施工範囲であったため、約一か月間の工期となりました。

お客様は仮住まい頂き、大変だったかと思います。お陰様でお打合せ・設計通りの工事を行なうことが出来ました。

それでは、玄関からご案内します。

玄関の内土間の石張りをシックなタイルへ張り替えて、シューズボックス下部にはLED間接照明を仕込みました。

ホワイト・オークの床材や建具で統一して、シンプルで優しい雰囲気に生まれ変わりました。

工事前のリビングと和室です…

和室の間仕切り壁を撤去してリビングとつなげました。

こんな感じだった和室も・・

リビングとつなげて広々となりました~

間仕切り壁とフスマを隔てて、和室だったのですが…

ひとつのLDKの空間にしちゃいました。

 

 

ですので、和室からリビングへの眺めも…

こうなりました!開放感が全然違いますね〜♪

 

和室の押入れは・・・

クローゼットへ改修。3枚連動引き戸を利用して、2/3は、クローゼットですが、お客様の案で、

1/3は、クロゼット内部に仕切り壁を入れ、仏間となりました。

ちゃんと、床板などをいれて、内部の壁紙も貼り分けて、仏間の設えとなりました。

工事前のキッチンは、梁の下に壁付けで設置してありましたが・・

変則的な対面キッチンに改修しました!

電話やネット回線の機器類やパソコンなどを造作カウンターデスクに集約。

古くなったキッチンは…

対面キッチンへ。

キッチンだった場所にはカップボードを造り付けました〜

この対面式に給排水配管の工事が出来るか否かが、このリフォームの『おへそ』でした。

梁型やパイプスペースの壁を逆にうまく利用して、対面キッチンにすることが出来ました♪

シンクに立った時の奥様の視点です。リビングの壁掛けテレビが見えるようになります♪

LDK編はここまで。

次は、『水回り編』で!

対面キッチンにリフォーム。|福岡市南区野多目S様邸

お得意様のキッチンをなるべく予算を抑えての対面キッチンにリフォーム。

 

工事前のL型のキッチンを…

解体します。

床のフローリングを上貼りして、対面キッチンの袖壁・腰壁を造作して…

対面キッチンが完成!

今回はお客様のご要望で、ウォールキャビネットや壁のタイルは解体せずに、リフォーム。カップボードは家具を購入にてコストを抑えることに💡

昔、当社でご購入頂いたIHヒーターは既存機の再利用です。壊れるまで大切に使って頂くのも、エコですからね。

あえて、グレー色の壁紙がいい感じです♪

キッチンはパナソニックのラクシーナ。

ほっとクリーンフードや、ビルトイン食器洗い乾燥機など、予算を掛けるところは掛けて、抑えるところは抑える…リフォームのお手本です!

古くなった、リビングドアも…

新しく取り替えました。

LDKのリフォームと同時に、外壁塗装のリフォームも工事させて頂きました。S様のお住まいのリフォーム、いつも当社にお任せ頂き、感謝しております!

 

対面キッチンにしちゃいました!|糟屋郡志免町T様邸

ご紹介にてキッチン・洗面所のリフォーム工事のご依頼を頂きました、糟屋郡志免町のT様邸。

現地調査の際に抱えた問題をクリアーするために、ひねり出した、対面キッチンプランです。

ミサワホームさんの鉄骨造(外壁ALCパネル)ということもあり、設計や施工計画には色々な問題がありましたが、何とか設計通りに完成しました♪

それでは、早速、工事の様子を・・

間口260cmのI型のキッチンは、よく見ると鉄骨の柱型の前に設置してあることが判明。

しかも、既存の換気扇(プロペラファン)は高さが低すぎて、新しいシステムキッチンの換気扇の取付が困難な状態でした。さらに、ミサワホームさんのセラミック外壁(ALCパネル)に新規に開口を開ける工事などは避けたいところ・・

今のキッチン側ではなく、対面側にはカウンター式の家具や冷蔵庫が置かれていましたので、ここにキッチンを据えることで、対面キッチンにしましょう!というご提案へ。ただし、冷蔵庫の横にある「袖壁」が狭かったので奥行60cmのシステムキッチンをご提案。背面の既存のキッチン部分へカップボードを・・最近のキッチン・リフォーム成功の〝コツ”は、カップボードも含めてキッチンとみなすこと。ウォールキャビネットが無い対面式のキッチンだけでは、収納も足りず、調理家電(電子レンジ・炊飯器・トースター・電気ポット)なども含めて計画することが重要です。

もちろん、カップボードの分、予算は増えますが、間違いなく最近のキッチンリフォームでは必須の項目です。

着工、まずは既存のキッチンを撤去。案の定、鉄骨の柱が姿を現しました。問題は、ALCパネルの外壁に頼らずにカップボード部分の下地の壁を造作することでした。

問題だった換気扇は、ダクト配管を天井経由で立ち降ろして、既存の換気口へ・・計画通りに施工できました~♪

大工が、キッチンが据えてあった部分の床を張って・・

給排水を床下から移設して、ガスからIHへの電気配線、大工がカウンターを造作・・

対面キッチンが完成!なんと、間口は285cmもある大きな対面キッチンです!

キッチンだった壁面にあった柱型をカップボードと冷蔵庫の仕切りとして上手く利用しました。

 

工事前は冷蔵庫やカウンター収納があったところに・・

奥行60cmのシステムキッチンがギリギリ納まりました!こういうリフォームの現場で活躍するのはPanasonicのキッチン「リフォムス」です。あらゆるリフォーム現場に柔軟に対応してくれます。

キッチンだったところは・・

カップボードと冷蔵庫スペースへ生まれ変わりました。

カップボードは奥行が45cmあるので、奥の物を取出しにくいので、左側にある回転アミかごはとても便利ですヨ。

今回、ガスからオール電化へもお切替いただいたので、ガス給湯器もエコキュートへ。

見えない配管の納まりや、仕上がりも抜かり有りません!

洗面化粧台もミサワホームさんのオリジナルで奥行45cmの珍しいタイプでしたが・・・

ご主人様がぴったりの洗面化粧台をお探しされました!奥行45cmの洗面化粧台です。

工事が終わって、奥様から「実は、他業者にも相見積もりのはずだったのが、エコテックスさんが最初に来て、ホームページ見て、主人が他の業者を全て断ったんですよ・・」というお話しをお聞きしました。

工事終わりにこういうお話しをお聞きして、とても嬉しく思いました。

T様、リフォームプラン通りに工事を終えて、わたしが一番ほっとしています。

今後は、オール電化になったことで光熱費が安くなるのも楽しみですね♪

また、よろしくお願い致します!

マンション・リフォーム/福岡市博多区Y様邸

築35年のマンション。あちらこちらに段差があるので解消して、暮らしやすくしたい。
ご夫婦が安心して快適で安全に暮らせるように、段差解消や建具交換、収納造作や、内窓設置などのリフォームをさせて頂きました。

廊下とリビングにあった10cmの段差を床上げしました。

和室とリビングをひとつの部屋に…畳を床上げしてフローリングへ、戸襖を3連引戸へ交換。

 

こんなに広々とした空間に生まれ変わりました♪

和室の押入れは、クロゼットへ改修。

クロゼットの建具も『3枚連動引き戸』なんで、開口が大きく取れます!

引き違い+FIX(嵌め殺し)の窓サッシは、結露がひどいとのことでしたので…

内窓を取付けました!

リビング側からは、こんな感じでしたが…

こうなりました〜床置き工法で床を10cmかさ上げして、直貼りフローリングを貼りました。

今回一番、難儀だったのがこのキッチン。換気扇はターボファンで角型ダクトで、しかもダクト開口位置が低い…

解体してみると、誰も見たことがない管種の排水管が出てきたりしましたが…

あえて、コンロとシンクの勝手を変更することで解決しました。(´Д`ι)アセアセ

コンパクトなキッチンだからこそ、なるべく収納部は大きく。

コンビネーション・パレット(仮置き棚)もご採用頂きました!

ターボファンから、スマートフードⅡへ。

IHクッキングヒーターは、15Aの低電圧対応の2口タイプ。

スキマレスシンクで、楽々洗いもの♪

古くなっていた洗面所・ユニットバスも…

こんな感じに新しくなりました〜

 

段差が解消されたリビングドアは、可愛い建具にお取替え♪

Y様、イメージ通りのリフォームとなりましたでしょうか?

工事にあたっては、現場での寸法ミスや管理不足などの、至らぬ点も多々ありましたこと、工事関係者を代表してお詫び申し上げます。今後共、末永いご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

マンション・リフォームが完成!|福岡市中央区舞鶴Hさま邸

当社のホームページからお問合せ頂き、工事をご依頼頂きました、福岡市中央区舞鶴のH様邸のマンション・リフォーム工事の現場です。

築35年経つマンションの専有部分は設備機器が老朽化しており、水まわりのリフォームとあわせて、既存の床材へ「直貼りフローリング」を張るなどのご提案をさせて頂きました。

まずは、キッチン。工事前はこんな感じでした。285cmもある大きなセパレートのキッチンでした。

解体すると、想定通りの換気ダクトや給排水の配管が出てきました。

真っ白な、清潔感のある、システムキッチンが完成!

全て、スライド(引き出し)なので、収納力もアップ!間口285cmのキッチン、広いですね~!

個人的には一番のオススメのコンロ、Panasonicの「トリプルIH」。

10年間そうじ要らずの、Panasonic「ほっとクリーンフード」。IHと連動してますので、入切のスイッチを押すことはありません。

ユニットバスは、11×16サイズでしたが・・

入念な現地調査を行ない、13×16サイズへ拡ろげることができました!

短辺(浴槽側)がなんと、20cmも拡げることができました。浴槽側が広がるマンションのバスルームのリフォームは、満足度は◎ですね。

工事前の洗面所はこんな感じでしたが・・

こんなに明るい洗面脱衣室になりました♪

洗面化粧台は、TOTOのオクターブで、幅は1mもあります♪

洗面所の出入り口は、開き戸から、「アウトセット片引き戸」へ変更!

バスルームの敷居も、バリアフリーとまではいきませんでしたが、床ギリギリまで下げることに成功。

トイレの壁の一面はアクセントでクロスを張り分けされました。爽やかですね~♪

工事前の、和室。

畳を新調して、壁のクロスやフスマを張替えて、 結露がひどかった窓には内窓(障子調)を取付させて頂きました。

LDKや玄関ホールは、直貼りフローリング(メープル柄)を張らせて頂き、ガラッと明るくなりました。

Hさま、工事中の仮住まいでの生活や、工事前のお荷物の件など、大変だったかと思います。

おかげさまで、計画通りにリフォーム工事を仕上げることが出来ました。

ホームページで当社を見つけて、選んでいただき、本当にありがとうございました。

今度共、末永いご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

『幸福の黄色いキッチン』

ご紹介にて工事させて頂きました、早良区のM様邸です。

今回のリフォームは、ご高齢のご夫婦が営まれていた、クリーニング店の1階の店舗部分です。

ご商売をされていたので、店舗兼住居には1階にキッチンとトイレが。

お風呂・洗面所や居間、寝室は全て2階での生活を余儀なくされていました。

そこで今回のリフォームは「2階から1階に全ての居住スペースを移す。」というご依頼内容です。

こちらが工事前の1階の店舗部分です。

店舗スペースの奥には・・

4畳半の台所にある古い流し台と・・

ドアの目の前に便器がある⁉︎  とても狭いトイレがありました。

 

リフォーム計画は、北側に水まわりを、リビング兼寝室を中央へ配置して、玄関側に応接スペースを確保することに…

いよいよ大改造リフォームの着工!

まずは、内部のほとんどを解体→解体→解体して・・

着工から、約3週間、大工による造作木工事がつづきました・・

もともと台所だった場所は、浴室(システムバスルーム)へ改修。

2階にあったお風呂は、浴槽のまたぎが高い、小さな浴槽でしたが・・・

1坪のシステムバスルームに!台所の出窓が、バスルームの出窓へ変身しました~♪

浴室暖房や手すりもついて、片引き戸を採用の、バリアフリーのお風呂にリフォーム。

元々、洗面所は2階にしかなく、お湯も瞬間湯沸かし器だったようです・・

洗面所も1坪のスペースを確保して洗面化粧台と洗濯機スペースへ改修。

洗面化粧台は、TOTOの『座ってラクラクシリーズ』を採用。

座ってゆったり使え、足元がひろびろなので、車いすでの使用でもラクラクです!

勝手口の上にあったランマ(小窓)は洗濯機上部の窓に再利用して採光性を確保。

階段下にあったトイレも狭かったので、車いすでの生活もできるように・・・

1坪のスペースを確保。洗濯流しも設置、換気扇も新設。

バリアフリーといっても、いかにも介護リフォームみたいにならないように、お洒落なトイレ空間になるように配慮しました。

浴室・洗面所・トイレの広さを全て1坪(2畳)スペースとし、開口部(引き戸)でつながげることで、看護や介護にも対応できるようにしています。

この間取りへ変更するために、柱を撤去したり移設したり、梁の補強などを行う大改修となりましたが、そのおかげで、理想的な水まわりのスペースが完成しました。

工事前、廃業された店舗部分だったスペースは、LDK兼寝室へリフォーム。

こんなに広々したLDKへと生まれ変わりました~!

工事前、店舗の入り口側を望むとこんな感じでしたが・・

小さなかわいい黄色の対面キッチンとリビングにリフォーム!

この間仕切り壁には絶対に取れない柱が2本ありましたので、クローゼットと収納棚へ造作することに。

こんな感じ造作…収納棚の背面壁だけアクセントのクロスを張りました。

元々は、店舗の出入口と接客スペースだった場所は・・

玄関と、応接スペースへリフォーム。

床までの高さがかなりあるので、内玄関に階段と手すりを設置しました。

下駄箱とクロゼット(収納)を設けました。

玄関ドアを開けると、こういう感じになります。暗くならないよう、採光性を確保できるようにしました。

工事前の外観は、店舗の雰囲気が残っていましたのが…玄関ドア取り替えや、塗装によって、住宅っぽさを出すことが出来ました。大きなFIX窓にはフィルムを貼ったりと、なるべく予算を掛けないように計画しました。

今回のリフォームは、ご高齢のご夫婦の長年の夢であり、老後の毎日の生活を安全に快適に暮らせるように…ということがテーマでした。

お打合せの段階からリフォームプランや建材、内装の色柄などはほとんどオマカセだったのですが、奥さまから『キッチンは、この黄色にして欲しい…』と、ただ1点だけ、変更を行いました。

それはきっと、長年連れ添ったご夫婦がリフォーム後のご自宅で、仲良く、楽しく、お元気で暮らせる、『幸福の黄色いキッチン』となることでしょう…